IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

メコン河を行き来する人々

サッカリアさん、61歳。彼は40年前、カンボジアのプノンペンに近いカンダ-ル県のやはりメコン河沿いの村から、奥さんの出身地であるこのチャウドックのムスリムの村に、結婚と共に移ってきた。父系原理が優先されるイスラ-ム法の教えと異なり、チャム社会の強力な母系性に基づく母方居住である。母系性を取るモスリムは、この地域以外にも、マレ-シアやスマトラにも暮らしている。それらは国を失ったチャム人の移民先であり、彼等が難民として受け入れられた地域でもある。

彼と、一緒に暮らしている一番下の娘さんの結婚式の写真を見せてもらった。新郎新婦は、アラブの王様(王妃)のような正装をしている。参列者の何人かは、伝統的なカンカッと呼ぶ絣の腰巻きを着ている人が見られる。その他には、アオザイを着ている人もいるが、多くはマレ-シア人と思えるような服装である。80歳のハワ-さんや60歳のア・ビタスさん。この二人のおばあちゃんは共に若い頃には、自分や家族のために布を織っていたという、しかしハワ-さんは結婚してからは織物をやめてしまったという、ア・ビタスさんは25年前、戦争が激しくなってきた頃に、糸が手に入らなくなりそのままやめてしまったという。この村で織られた絣や紋織りの布を見せてもらいながらも、彼等の話しの中に、今の若い世代は服装もベトナム化して来たことで、伝統の布を着ることが少なくなってきたこと、そのために外見だけではチャム人かどうかの区別はつかなくなってきたという話しが出た。唯一モスクに行く時に、シェと呼ぶ布を被るだけの、おおらかなムスリムである。

モハマッドさん63歳、彼はプノンペンの近くのムスリムの村に暮らしているが、たまたま私が訪ねた時、この村に来ていた。そして私がカンボジアのコンポムチャム県の村の話しをすると、その村は私が最初に訪ねたチャム・ムスリムの村なのだが、なんと彼は若い頃その村に10年程(1963-1973)暮らしていたという。その後、このチャウドックの村にも暮らしていたことがある。そして今は、再びカンボジアに暮らしている。彼は、布を市場で仕入れ村を回りながらの行商をしているからかもしれないが、このメコン河を定期的に回っているようであった。コンポムチャムのチャム族の村でもそうであったが、マレ-人の商人(仲買人)が定期的に村に訪ねてくることや、家族がマレ-人と結婚して今はマレ-シアに住んでいる話を聞いた。そして、ポルポト時代に破壊されたモスクの再建のために、マレ-シアに寄付を募りにいっている人など、メコン河からマレ-半島へ、国家の枠組みを超えた彼等の持つ独自のネットワ-ク、そんな姿がチャムの人々の姿に重なっていく。

更新日時 : 1995年5月16日 09:24

前後の記事:<< 布でつながる人々 | 職能集団としてのチャム >>
関連記事
織り継がれてきたクメ-ルの織物(1995年5月16日)
意匠(2008年5月24日)
パリにて(2008年2月 6日)
パリでの展示会(2008年2月 4日)
パリでの展示会(2007年12月 6日)
京都へ(2007年10月26日)
ハワイから戻ってきました(2007年10月 7日)
アメリカのテレビ取材、そして(2007年5月12日)
コンポンソム(2007年4月17日)
ドルック エアー(2007年4月 5日)