IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

ベトナムに残るクメールの織物 - 8.職能集団としてのチャム

 13 世紀のカンボジアのアンコール王朝の生活を記録した中国人、周達観による「真臘風土記」(和田久徳訳注 / 平凡社)には、当時チャンパの国からアンコールに織布が入ってきていることが書かれている。中国の 3 世紀ごろに記された古書、「南州異物志」(『太平御覧』820 年所収)の中に、五色の斑布として、木綿の絣と思われる布が南蛮諸国(東南アジア)に於て作られていたことが記されている。

 これらのことは、チャンパ国とよばれた人々の中に古くから織物の伝統があったことを示しうる物である。1471 年チャンパの首都ビィジャヤが陥落した後、チャムの人々はカンボジアに逃れアンコールの王の保護下に入った。そして、一部のチャム人はアンコールを攻めたアユタヤ王国に迎えられて移住している。

 男達は南海貿易の船乗りとして活躍した伝統を生かして、王宮防衛軍となって新しい王に仕え外人部隊として活躍した、また、女達は伝統の織物に励むのである。彼等は職能(技能)集団として、それぞれの王朝に迎え入れられている。アユタヤ王朝がビルマ軍侵入により滅亡した後は、一部は新たに起こったラタナコーシン王朝の水軍となって、現在のバンコクに移住している。かのタイシルクを有名な布として世界的に広めたジム・トムプソンが注目しパートナーとした織手たちが、このバンコクに暮らすチャムの人々の末裔であった事は意外と知られていない。

 カンボジアのメコン河沿いに、ベトナムのメコンデルタの中で、そしてタイのバンコクの喧騒の中で、それぞれ暮らすチャムの末裔達。布を織り出す糸のように、流浪の民として、苦難の歴史を背負いながらも職能集団として、また「異教徒」としてのムスリムとして自らを位置ずけながら、国家や王朝にかかわらずしたたかに生き続けてきた人々の姿がそこにはあるように思えた。

「参考文献」
1、ベトナム社会科学院編(石澤良昭/富田春生訳)『チャム彫刻』連合出版(1988)
2、今永清二『タイ・ムスリムとマレー・ムスリム』「タイランド情報」No28(1994)
3、冨沢寿勇『マレー・ムスリムとチャム族』「マージナル」vol.6
4、桃木至朗・樋口英夫『チャム族』季刊「民族学」No.67(1994)
5、西村兵部『インド・東南アジアの染織』美術出版社(1970)
6、チャンパ王国ノ遺跡ト文化展実行委員会編『チャンパ王国の遺跡と文化』財トヨタ財団(1995)
7、石井米雄・桜井由躬雄『東南アジア世界の形成』講談社(1985)
8、Sluiter,Liesbeth THE MEKONG CURRENCY, Duang Kamol Co.,Ltd.Bangkok, 1992
9、Henley & Wilson CHAM's HISTORY FULL OF SUFFERING Bangkok Post, 6 DEC 94
10、Kanwerayotin,Supapohn VIETNAMESE MUSLIMS MAKE FIRST MECCA TRIP SINCE 1975(Bangkok Post, 16 MAY 95)


Morimoto, Kikuo

更新日時 : 1995年05月16日 09:10

前後の記事:<< ベトナムに残るクメールの織物 - 7.メコン河を行き来する人々 | メコンデルタのチャム・ムスリム >>
関連記事
ベトナムに残るクメールの織物 - 7.メコン河を行き来する人々 (1995年05月16日)
メコンデルタのチャム・ムスリム(1995年05月16日)
織り継がれてきたクメ-ルの織物(1995年05月16日)
ゴールデン シルク(2007年03月25日)
カンボジアとタイ(2003年02月08日)
織物産地(1996年03月04日)
カンボジアの伝統染織(1996年03月04日)
カンボジアの歴史と風土(1996年03月04日)
戦乱の傷跡(1996年03月04日)
カンボジアの伝統染織(1996年03月04日)