IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

研究所の新しいスタッフ

シアムリアップの事務所に、二匹の子猫がやってきた。

研究所の建物は、木造のすこし古い家、そのためか、ネズミがすごかった。しかし、不思議なもの、猫が来たその日から昼間でも走り回っていた、ネズミがいなくなった。布や染色の材料など、ネズミがたくさんいると困るものも、あったのだが。これで一安心。

まだ、生まれて一ヶ月ほどの子猫は、立派に仕事をしてくれる。研究所の家には、大家さんが飼っていた、トニーという犬がいた。家を借りるとき、犬つきで借りたのだが、しかし、四ヶ月ほどしたある日、この犬が消えてなくなった。

みんなの話では、冗談のように、だれかにつかまり、食べられてしまったという。確かに、このシアムリアップには、犬の肉を売る屋台もある。食生活の習慣はところ変われば、品変わる。とくに、ベトナム系や中国系の人たちにかかれば、犬も安心して歩いているわけにはいかない。かわいそうな、我が家のトニー。
冥福を祈りつつ、我が家のあたらしいスタッフの子猫に、幸運がつづくことを願っている。

更新日時 : 2000年7月12日 13:51

前後の記事:<< 村のできごと 「日本は天国だった‥‥」 | アキラの地雷ツアー >>
関連記事
行商の旅、ドイツ(2007年3月29日)
1月のフルムーン(2003年1月23日)
増える訪問者(2001年6月18日)
カンボジアはお盆(2000年9月26日)
筆一本の職人さん(2000年8月24日)
スピードボートは快適?(後編)(2000年8月 6日)
スピードボートは快適?(前編)(2000年8月 6日)
あたらしいステージにむけて(2007年10月11日)
協力依頼(2007年4月 9日)
ドルック エアー(2007年4月 5日)