2000年9月アーカイブ

昨年(99年)8月から動き始めたバッタンバンの養蚕プロジェクトは、ひとつの壁に突き当たった。9月にはいり、ひさしぶりにバーンアンピル村を訪ねた。今年の2月、村に届けた桑の苗木の成長を期待してだった。が、桑の苗木は3月、4月の乾季の暑い日差しに耐えられず、枯れてしまった、という。そして、残った桑の木も放し飼いにされている牛の餌に。

このバッタンバン県のラタナモンドル郡は、97年ごろまでポルポト派と政府軍の戦闘の一番激しかった地域。当時、バッタンバンにある病院も戦闘の負傷者であふれていた。村の中には、防空豪が残り、ロケット弾や銃弾の跡がその戦闘の激しさを物語っている地域でもあった。そして、いまなお多くの地雷が残され、その被害は現在も続いている。
クメール伝統織物研究所では1995年7月から、プノンペンの南、カンポット県のタコ-村で、伝統的な養蚕の復興プロジェクトを開始。紆余曲折を経ながらも、現在では60家族のメンバーが小規模ながらも、村で生糸まで生産する、伝統の養蚕を続けている。ささやかながらも、プロジェクトは村に根付いてきた。

1970年代以前、カンボジアはこの東南アジアの中でも養蚕が盛んな国であった。しかし、70年代にはいり隣国のベトナムでの戦闘がカンボジアにも波及、多くの村は戦場となっていった。そして、内戦の時代を迎えていく。戦争のもたらす混乱は、そんな伝統的な村での養蚕をも途絶えさせた。
日本のように農家が繭を生産、製糸工場に出荷するという、近代養蚕はこの地域には存在していなかった。基本は生糸の村人による自家消費を前提にした、小規模養蚕。バッタンバ県も昔、そんな養蚕が実施されていた地域であった。ラタナモンドル郡の村には、当時の桑の木が現在も残されている。しかし、村には養蚕の経験者はいない。カンポット県のタコ-村には、そんな年配の経験者がわずかながらもいた。96年、ラタナモンドル郡の村で、アメリカのカソリック系のNGOが、地域の女性の収入向上プロジェクトとして、縫製や織物技術研修とともに養蚕プロジェクトを実施、そのNGOの看板プロジェクトであった。しかし、プロジェクトは1年半で中断されていた。そのときの経験者から、再び養蚕をやりたいという話しが、わたしたちのところに届いた。

約2年前、村を訪ね話し合った。問題は、生糸の市場だと言う。それならば研究所が出来あがった生糸を買い取る事ができる。話しは成立。カンポット県タコ-村の生糸も同じ。研究所の伝統の絹織物復元にとって、在来の熱帯種の生糸は必要なもの。そして、昨年8月、松本市の造園業を営む赤穂正信さんが助っ人で現場に来てくれた。彼の指導で、バッタンバンで1000本の桑の苗木を準備。同じ頃、日本では「桑の木基金」が動き始めた。今年の2月、日本から桑の木基金の支援者を迎え、育った桑の苗木400本をバーンアンピル村に届けた。他の600本は、バンティミエンチェ県のポイペット地区の村に。ポイペットの苗木は、乾季の乾燥の中で、ダメージを受けながらも、現在は順調に成長。1メートル以上に伸びている。同様に、ラタナモンドル郡の苗木も育っているはず、であった。しかし、残念ながらほぼ全滅していた。

村の代表と話し合った。なぜ、疑問があった。理解できたことは、届けた苗木を、村長たちが養蚕の経験者ではない農家に渡していた。事前の話し合いで、経験者の中で始めていくことは確認していたはずであった。そして、村長から桑の木を管理する費用をくれないのか、という話しが出てきた。村は貧しいから、とつけたして。研究所では、村でセンターを作り村人を雇う方法よりも、個々の村人が自分の営利活動として進めてくれるほうが、自立につながると考えている。

話しながら、プロジェクトを実施することで何かを期待する姿勢が、村長たちから見えてきた。カンポットのタコ-村でも、プロジェクトの開始時期に、村長から「お買い物リスト」を受け取った。しかし、本当に必要でないもの以外は、わたしたちは無視した。プロジェクトの運営にともない、何か余分の物を期待されてもわたしたちは、何かをあげられる立場にない。これは、基本である。わたしたちは、小さな種を提供する。時には、その種を植えるために必要な鍬も。しかし、そのあとは村人自身の努力が基本。だから、本当にやる気のある村人と出会う事が大切だと考えている。

貧しい人たちの自立を助けると言いながら、援助漬けにしてしまい、もらう事に慣れさせるような支援の方法は、意味がない。それでは、村人は口をあけて待っているだけになる。援助とは、「物」をあげることではない。
人間の欲は大切である、それは、やる気につながるから。しかし、貧しいからと言って手を動かさず、口をあけて待っている欲は、人間をだめにする。これは一つの例だが、国連やNGOなどの実施するセミナーなどで、人を集めるためになのか、参加者に参加費を提供する習慣がある。しかし、沢山の人が参加することが良いこと、ということでしかないと思える。
多くのプロジェクトは、そのプロジェクトの実施期間が過ぎると、消えて無くなることが多い。それは、そんなこととも関連している。タコ-村の養蚕プロジェクトは、ポンさんという一人のリーダー格の村人との出会いがあったことも、成功の要素であった。彼は、村の縦割りの行政組織ではない、人であった。彼自身が、やる気を持っていてくれ、他のメンバーを引っ張ってくれた。そして、わずかづつだが生糸の生産により、村人に現金収入がもたらされた。そして、遠巻きにしていた他の村人が、回を重ねるなかでメンバーに加わってくれた。タコ-村でも、裕福な村人はメンバーに参加していない。家族が十分に食べられる米が不足している村の人が、熱心に協力し合っている。

こんなことがあった。12月の収穫前、10月のなかば頃。ある養蚕メンバーから、家の米びつが空になったと訴えられた。聞くと、数家族がそうであった。そのとき、わたしたちは米を届けなければと思案した。しかし、残念ながらわたしたちにはその余裕が、予算がなかった。結果的には、それが良かったのだが。
次の月、気になりながら村を訪ねた。でも、村人の顔は元気なのである。聞くと、村のそばの山に入り、薪を集めて市場に売りに行き、米を手に入れたと言う。なかには、米はないが芋があるから、大丈夫だと笑っている。まだ自然の恵がこの村には残されている。あるとき、村で出来あがった生糸を買い付けていたとき、顔見知りになったおばあちゃんが、ポツリと言った。これで、お金(現金)がいるときに、残り少ない米を売らなくても良くなった、と。わたしたちの養蚕プロジェクトは、小さな村おこし。だから、バッタンバン県のバーンアンピル村でも、開始時は養蚕をやりたいと思ってくれている数家族で良いと考えてきた。それよりも、確実にそれが結果を生み、他の村人が参加してくれるようになればと考えてきた。

ふたたび村人と話しながら、やはり養蚕をやりたいと言う声があった。しかし、今回と同じ結果を出さないために、いまその進め方をもう一度、点検しなくてはならない。そのための話し合いを準備している。タコ-村の場合も、最初に届けた蚕の卵は全滅した。そして、2度目に届けた繭が無事生き残った。
そんな経験を、わたしたちは持っている。この村も、村人の中にやりたいと言ってくれる人がある限り、わたしたちは継続していきたい。二人目の、ポーンさんと出会うために。

カンボジアはお盆

|

カンボジアは9月24日は憲法記念日。ことしは日曜日だったので、翌日の月曜が振替でお休み。そして、27日、28日は「お盆」。

縁起のいい家

|

ご存知だろうか。トッケー、という爬虫類の仲間。タイやカンボジア、このあたりでは、あたりまえにいる。サイズは約20センチから30センチ。夜中に、突如、トッケーと大きな声で鳴く。カメレオンとおなじで、いる場所により身体の色を変えることができる。ふつう、昼間は屋根裏や家具の後などに隠れておとなしくし、夜と共に、姿をあらわす。

ところが、我が研究所のトッケーは昼間も姿をあらわす。いつもおなじところで、明るいうちから柱にしがみついている。まあ、わたしもあまり爬虫類は好きになれないほうだから、かわいいとはいいづらいが、サイズは約30センチはある。夜になると、もう一匹姿をあらわし、こちらは一回り小さく25センチほど、二匹で仲良く、柱にしがみついている。

家の裏手に、もう一匹、残念ながらこちらは声だけで、まだ姿は未確認。地元の人は、このトッケーのいる家は縁起が良いという。わたしも、この縁起を担ぐことにしている。その分、ときたま姿が見えないと心配してしまう。

プノンペンの近く、タクマオに研究所の事務所があったころ。わたしの机の中に、トッケーがいたことがあった。ある日、引出しをあけたら、とつぜん顔をあわした。わたしは、一瞬叫びたくなった。研究所にいた、年配の男性スタッフが、平気な顔であっというまに
捕まえてしまった。そのときの、牙をむいた顔が忘れられない。でも、シアムリアップで毎日顔をあわしている分には、そんな獰猛な感じはしない。シアムリアップに来てから、よく地元の人はトッケーの話をするとき、必ず、ベトナム時代(1979-1989)
には、やってきたベトナム人が好んでトッケーを捕まえ、食べていた事を話す。商売で、トッケー捕りが成り立っていたらしい。

みなさま、今年の夏はいかがお過ごしでしたか。シアムリアップから、メイルニュースの第4号、お届けいたします。読んでいただければ、幸いです

<今年は、豊作>
研究所の前を流れる、シアムリアップ川。ここ数日、水位が上昇、あと10センチも上がれば、川が氾濫するのではと思えるほどに。

今年は、メコンの水位も高く、雨季の増水は10メートルは超えている。雨季と乾季でこれほど水位が異なる川は、この東南アジアのなかでもそんなに多くはない。しかし、この増水も、昨年は少なく、約8メートルほど。そのため、増水で氾濫した湖で毎年産卵する魚の量も少なかった。逆に、ことしは大漁が期待できるのではないだろうか。この、増水の周期は5年か6年で繰り返されてきた。自然のリズム。

自然がもたらす、恵の雨。魚も米も自然がもたらしてくれる恵。伝統的な村での養蚕を進めながら、そんな季節の変化を、強く感じられるようになってきた。そして、それは自然の恵を色にする、染色もおなじ。バナナの葉は雨季のさかんな雨が、みずみずしい鮮やかな黄色をくれ、乾季にはその鮮やかさは消える。逆にアーモンドの葉は乾季のその激しい暑さのなか、深みある金茶の色がますます濃縮されていく。

<東南アジアの織物セミナーから>
そんな、熱帯モンスーンの人々が集まり、タイのバンコクで織物セミナーがありました。
昨年は、ジムトンプソン財団が主催者となり、世界から東南アジアの織物専門家がバンコクに集まった。そのなかの関心のひとつが、カンボジアの絣。そしてこの1年、香港やオーストラリア、アメリカ、フランスと多くの研究者や専門家が平和になった、このカンボジアを訪れるようになってきた。

今年は、アセアン各国の博物館や文化省の担当者や研究者を中心にしたセミナー。参加者の報告が続くうちにあきらかになったことは、それぞれの国に暮らす、先住かもしくは山の人たちの伝統の織物とその共通性だった。たとえば、ミャンマー、ラオス、タイ、そしてベトナムではおなじモン族の人たちが暮らし、共通した織物文化を持っている。そのことを、現在の国家という枠組みでだけで考えられない、この地域の人々の在りようとして見ていかなくてはならないことを、逆に教えてくれた。

わたしは、このセミナーで16世紀までベトナムにあったチャンパ王国の末裔のチャム人たちが、カンボジアに暮らし伝統の織物を織っている、その報告をさせていただいた。現在では、国を持たない民族のひとつであり、この東南アジアのなかにそれぞれ暮らしている。

わたしにとって、楽しかったのはこのセミナーで仲良くなったマレイシアの大学の先生が、色の黒いわたしにおまえの国籍が日本人だというのはわかる、でもほんとうはなに人なのだ、と真剣に聞いてきたことだった。チャムの織物については、近いうちにホームぺ-ジに掲載予定。

<自然染料の掘り起こし>
このセミナーのなかでも話題になった、自然染料。しかし、実際に、自然染料を使いつづけている地域はそんなに多くはない。たとえば、インドネシアやマレイシアのバティックでは皆無に等しいようだ。

さいきん、いろんな資料をひっくり返していて、ある本に出会った。その本には、第二次大戦以前の南洋材の解説が材木屋さんのために記されている。そのなかに、ところどころ、利用の項目のなかに、当時の染色に、もちろん自然染色に利用されていたことが、わずか1行ほどだが書かれていることを見つけた。

ここ18年ほど、タイ、カンボジアで自然の染めにかかわり、村のおばちゃんたちから、昔の染について話を聞きながら、伝統的な自然染色には必ずその秘訣のようなものが、あることを教えられてきた。化学染料の歴史は村レベルでは、100年に満たないだろう。しかし、多くのそんな昔の知恵が消えてしまったことも事実である。

しかし、自然の染めの歴史は数千年。昔の知恵の掘り起しを、できればこれからすこしずつでも取り組んでいきたいと、さいきん思い始めた。自然染色の深みにはまっていきます。乞う、ご期待。

<自然の染色体験ツアー>
そんな研究所で、自然染色の体験を日本の皆さんにしていただこうと、ツアーを計画しました。さいきん、研究所でカンボジアの若い人への研修をされていますが、日本から参加できないのですかという問い合わせをいただくようになりました。短い日数ですが、その秘伝はお教えいたします。ぜひ、ご参加ください、簡単なカンボジアの絣の実習も予定。

日本出発は10月24日、帰国は30日です。6泊7日。
詳しくは、NPOのような、大阪の旅行会社。マイチケットへ
お問い合わせください。Tel 06-6304-7800
              Fax 06-6304-7989です。

<日本での展示会>
恒例にさせていただいてます、秋の京都、法然院での展示会が今年も法然院様のご好意で実施されます。11月24日-26日。お近くにおいでの方は、ぜひお立ち寄りください研究所のあたらしい仕事も展示いたします。11月3日‐5日、沖縄の南風原にて「絣ロード展」が実施されます研究所からは、織機を持ちこみ実演も予定しております。詳しくきまりましたら、またご案内させていただきます。

<研究所のホームページ>
7月7日から、研究所のあたらしいホームページがオープンしました。徐々に内容も充実させていきたいと思っておりますので、ご期待ください。いまの目標は、絣の出来あがるまで、などもふくめ布の写真を増やしていきたいと思っております。
www.esprit-libre.org./iktt

<桑の木基金へのご協力のお願い>
クメール伝統織物研究所は、カンボジアの民間の非営利団体です。カンボジアの伝統織物の復興とともに、伝統的な村での養蚕に「桑の木基金」を設立。力を入れてきました。これは、ちいさな「村おこし」でもあります。カンボジアの貧しい村の人たちが、養蚕により僅かでも現金収入が得られていくことを目標に活動いたしております。みなさまのご支援を、ここにあらためてお願い申し上げます。

桑の木基金 一口 3000円
振込先:郵便振替口座 名称:アジア太平洋農耕文化の会
番号:00920-6-145894


最後までお読みいただきありがとうございます

このアーカイブについて

このページには、2000年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2000年8月です。

次のアーカイブは2000年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0