IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

シエムリアップで再会したおばあたち (2003/01/03)

研究所がカンボジアで最初に取り組んだ仕事が、黄金の生糸による養蚕の村での再開であった。95年7月、そのとき協力してくれた村人が今日シエムリアップに来てくれた。
総勢22人。430キロの道のりを、13時間かけて。シエムリアップの研究所にはタケオの村から師匠格で来てくれている、おばあたちがいる。彼女たちも、94年以来の付き合いの人も、そして96年の研究所たちあげ時からのおばあたちもいる。
そんなおばあたちが、何年ぶりかでこのシエムリアップで再会した、平均年齢は60代半ば。みんな元気がいい、そして、カンボジアの伝統の生糸作りや、染色、絣織りの伝統を受け継いできた、おばあたちでもある。
研究所では、そんなおばあたちの知恵を経験を生かし、受け継ぎながら「伝統の森」を再生しようとしている。それは、伝統の再生、創造でもある。そのために、ここにおばあたちが集まってきてくれた、嬉しいことである、今日はそんな記念すべき日である。
obaa.jpg

更新日時 : 2003年1月 3日 10:54

前後の記事:<< ひさしぶりのオフロード | 2002年大晦日、恒例の忘年会 >>
関連記事
行商の旅、ドイツ(2007年3月29日)
1月のフルムーン(2003年1月23日)
テレビのおかげ(2003年1月21日)
2002年大晦日、恒例の忘年会(2003年1月10日)
増える訪問者(2001年6月18日)
カンボジアはお盆(2000年9月26日)
縁起のいい家(2000年9月11日)
筆一本の職人さん(2000年8月24日)
スピードボートは快適?(後編)(2000年8月 6日)
スピードボートは快適?(前編)(2000年8月 6日)