IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

動き始めた伝統の森

総勢19名、女性が4名そして男衆が15名。とりあえず住むための小屋も出来上がった。もちろん電気も水道もない、荒野と言っても良いようなところ。でも、掘りあがったばかりの井戸があり、生活用水の心配はない。男衆の希望で、バレーボールを一個買った、仕事のあとのひと時の娯楽。そして女性組からは台所用小屋を作ってくれと希望が出た、そらそうだ。そして、ホンダの中古のスーパーカブを一台。そして、そばを流れる小さな川から、桑畑への潅水用にやはりホンダのエンジン付の揚水ポンプを買った、これは新品。研究所で一年ちかく育ててきた、苗木約2千本も現場に運び込まれてきた、もちろん桑の苗木1300本も含まれている。とりあえずの桑畑を40X50メートルで開墾、整地することにした。いろんな木の根起こしをしなければならないから、大変である。でも、みんな元気に現場仕事をこなしていく。動き始めた、伝統の森計画、みなさんぜひ覗きにおいでください。
poump.jpg

更新日時 : 2003年02月13日 11:22

前後の記事:<< カンボジアとタイ | マーケッティングディマンド >>
関連記事
最近の伝統の森の写真(2007年07月20日)
森の木(2007年06月28日)
桑の木とキャッサバ(2007年06月22日)
木を食う男、その2(2007年06月10日)
インタビュー(2007年06月04日)
かん違い(2007年05月17日)
雨にもマケズ(2007年05月16日)
バージョンアップ(2007年05月12日)
アメリカのテレビ取材、そして(2007年05月12日)
竹の織機(2007年05月11日)