IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

新たな地平に向けて

2003年からは、これまでの活動を継続しつつ、伝統を支える自然環境の再生を軸に、新たな地平ともいえる「伝統の再生と活性化」に取り組もうと考えている。研究所にとっては、第3期の活動の始まりである。その基幹となるのが「伝統の森」再生計画である。

1. 伝統の再生と活性化 2. 「森」が支える伝統の知恵 3. 村の生活と自然の循環システム 4. 「鎮守の森」から「伝統の森」へ 5. 「伝統」と「森」の意味するもの 6. 神の恵み 7. 素材を生かす思いやり

2003年3月3日
シェムリアップにて
クメール伝統織物研究所 森本喜久男

更新日時 : 2003年3月 3日 10:18

前後の記事: | 伝統の再生と活性化 >>
関連記事