IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

増えてきた「森」への訪問者

ken1.jpgken2.jpg
ken3.jpgken4.jpg

最近、伝統の森の現場を訪ねていただく方が増えてきた。とくにこの8月はスタディーツアーでの来訪者が多かった。わたしたちの現在すすめている、その現場を見ていただけるのが、いちばん。開発理論の本の中の内発的、持続的などといわれている、その現場がそこにある、とわたしたちは自負している。わたしたちは「生活NGO?」、現場の研究所のみんなが食べられる、そのための活動を推し進めているNGO。それは、持続なくしてありえない、元気に動き回る現場の男たちやおばちゃんたち。そして、育つ桑の木や藍。試験的に植え始めている、木綿の木やコウゾ。そして、なんていったってお蚕さんが元気に育っている。そんな現場をぜひ見に来てください。

更新日時 : 2003年8月31日 16:56

前後の記事:<< 藍の色 | 初めての生糸 >>
関連記事