IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

森の現場から10月

ki1.jpgki2.jpg

現場では2回目のお蚕さんが元気に育っている。もうあと10日ほどで繭になるはず。2度目の生糸が出来上がる。でも前回少なかったから、今回はすこし多すぎるような気がしている。お蚕さんの飼える量は桑の葉の生産量に単純に比例する。
そのせいか、みんなは新しい桑の苗木の準備に動き始めた。そして最近、カンポットの村から新しい入植者が7人やってきた、そのなかには65歳のじっちゃんがいた。かれは村の養蚕プロジェクトに当初から熱心に関わってきてくれた一人でもある。これまでは比較的若い層が多かったが、これで年長のメンバーも入ってきてくれたことになる。本格的に動き始めた養蚕にたいするみんなの意気込みのテンションは高い。

更新日時 : 2003年10月 5日 08:47

前後の記事:<< シエムリアップで展示会 | あらたな10年に向けて >>
関連記事