2004年12月アーカイブ

年末のご挨拶

|

 みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。年末の休暇に入ったためか、研究所では、ここ連日たくさんの方々の訪問を受けております。ありがとうございます。

2004/12/31__________________________________________________Vol.036

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
_________________________________ http://www.esprit-libre.org/iktt/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。年末の休暇に入った
ためか、研究所では、ここ連日たくさんの方々の訪問を受けております。あ
りがとうございます。

伝統の森は、約5ヘクタールの拡張が決まりました。そこには桑畑と綿花を
栽培し、あわせ新しい集落を作る予定です。この土地はシエムリアップ川に
面していて河岸には、ちょうど藍畑にしてくださいというような土地もあり
ます。これから2年くらいをかけて、少しづつ整備を進めていく予定です。
また、新しい“住人”となった牛6頭に続き、もう何頭かの牛と山羊を飼う
予定です。森の下草を食べてもらいながら、その糞を肥料に、ゆくゆくはバ
イオマスとして利用していく予定です。

この一年、さまざまなことがありました。そして多くの出会いの機会をいた
だきました。本当に、ありがとうございます。こうしたご縁を、来年からの
活動につなげていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

来年の干支は、酉ですね。研究所のショップでスカーフやピダンなどをお求
めいただいた方には、サトウヤシの葉で編んだボックスに布を入れてお渡し
していますが、そのなかに同じくサトウヤシの葉で編んだ小さな鳥が入って
いたかと思います。これは雀を模したものでチャーップといいます。カンボ
ジアでは、鳥は天と地上を結ぶ縁起のいいものと考えられています。

イラクやパレスチナなど先行きの見えない情勢に加え、新潟県中越地震そし
てスマトラ沖地震と、不安な日々をお送りの方も多いかと思いますが、来年
こそは、このチャーップにあやかり、すべての人にとってよい年であります
ように。

今日の大晦日、研究所は午前中は大掃除、午後からは恒例のイベントである
大晦日のパーティとくじ引き大会(一等賞は自転車)です。明日1日も通常
どおりの運営となります。


(1)NHK-BS2『遠くにありてにっぽん人』の放送日が決まりました。

去る10月17日にNHK-BSハイビジョンで放送された『遠くにありてに
っぽん人』の、NHK-BS2での放送日が決まりました。1月15日(土)
午後9時30分からです。

=放送予定=
遠くにありてにっぽん人
「甦る黄金のかすり ~カンボジア・森本喜久男~」
NHK-BS2:1月15日(土)午後9:30~10:30

=NHKの番組紹介より=
アンコール遺跡群で知られるカンボジア・シェムリアップの街。この地でカ
ンボジアの伝統織物「クメール絣」を甦らせようと奮闘する日本人がいる。
京都の友禅職人だった森本喜久男さん、56歳。かすり復興にかける情熱や
地元の人々との交流を描く。


(2)雑誌『ソトコト』で紹介されます。

11月の法然院での展示報告会の際に、雑誌『ソトコト』の取材を受けまし
た。その記事が、来年1月5日発売の『ソトコト』2月号に掲載されます。
巻頭の「SOTOKOTO interview」というコーナーです。ぜひとも、ご覧くださ
い。
クメール伝統織物研究所  森本喜久男
http://www.esprit-libre.org/iktt/

_____________________ I N F O R M A T I O N __________________________

研究所は朝9時から5時まで、お昼は12時から2時までお休みです。オープ
ンは月曜から土曜日。日曜日、作業所はお休みですがギャラリーは開けており
ます。研究所の位置は、シエムリアップの中心にあるオールドマーケットから
シェムリアップ川沿いに、南に約1キロ、クロコダイルファームの200メー
トル手前、右側です。

※尚、このメールへの返信メッセージを読むことができません。返信はご遠慮
いただけますようお願いします。
※お問い合わせに関しては以下のURLよりお願いします。
http://www.esprit-libre.org/iktt/contact.html

【配信中止、アドレス変更は以下で行って下さい】
http://www.esprit-libre.org/iktt/magazine/

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
House No.472 Road to Lake, P.O.Box 9349
Siem Reap, Angkor, Cambodia
Tel:+855-12-924-617

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2004 IKTT All rights reserved.

●雑誌『プラチナ・サライ』第5号(サライ増刊2004年12月18日号)

巻頭の「地球の宝物」というコーナーでクメール絣について、そして「プラチナ・ラウンジ」というコーナーでは、今回のパリでのロレックス賞受賞について紹介していただいています。

12月8日付の朝日新聞朝刊の「ひと」欄で取り上げていただきました。取材を担当した鶴見知子さんには、1995年11月の時点でカンボジアでの養蚕再開プロジェクトについてもご紹介いただいています。

このアーカイブについて

このページには、2004年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年2月です。

次のアーカイブは2005年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0