IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

布の魅力

風に揺れている布の風合いは、とても素敵だと思います。
カンボジアの絣の布、じつはまとってみたときに、ほんとうに素晴らしい、と思えるものが多いのです。これは布として広げてみたときには、感じられないものがまとうことによって見えてくる、そんなデザインが施されているのです。
名古屋の愛知県立美術館で展示させていただいている布、古布のほうは、そうです絣の柄と紋織りが組み合わされているものです、大変な手間を掛けて作られたものです。こんな織物の世界がカンボジアにあったのだと、わたしたちがあらためてため息をつくような仕事がこれ以外にもたくさんあります。

更新日時 : 2005年6月 1日 13:44

前後の記事:<< タイの自然染色 | ゴールデン シルク >>
関連記事