2005年7月アーカイブ

2005/07/28_____________________________________________________Vol.047

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
____________________________________ http://www.esprit-libre.org/iktt/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。
6月下旬にヨーロッパで放送されたドキュメンタリー番組(GEO Reportage)を
見たという、フランス、ドイツ、オーストリアなどの方たちからメールが届き
ました。ぜひともシェムリアップを訪れたいという方や、ドイツでの展示会の
予定はないのか、などという問い合わせもいただいております。

さて、日本での展示会・報告会のご案内です。昨年10月に「クメール織り~
伝統の復活」と題した展示を行なわせていただいた世田谷の「生活工房」情報
プラザギャラリーで、今年も企画展示を行なうことになりました。
今回の展示は「“森”からの恵み・その多彩な色たち」と題して、カンボジア
に自生する植物を中心としたさまざまな染め材で染め上げた100枚以上の布
を、壁一面にディスプレイしようというものです。ラック、プロフー、ココナ
ツ、ライチ、バナナ、アーモンド、ブーゲンビリア、藍などの研究所の定番の
染料として使われている染め材に加えて、「伝統の森」やシェムリアップの研
究所の周辺に育つ植物を使って、さまざまな自然の恵み(=自然の色)を染め
てみようという試みです。制作は、京都造形芸術大学で染織を学ぶ奥村悦子さ
んに担当していただきました。使用する布は、もちろん研究所で手織りされた
シルクです。さまざまな染め材と、布の風合いから、カンボジアの豊かな「自
然の恵み」を感じていただければ幸いです。

(1)企画展示「“森”からの恵み~その多彩な色たち」のご案内

と き:8月5日(金)から9月11日(日)まで(9:00~20:00)
ところ:三軒茶屋にある「生活工房」情報プラザギャラリー
※「生活工房」情報プラザギャラリーは、東急田園都市線/世田谷線
の三軒茶屋駅に直結したキャロットタワーの3Fにあります。
でんわ:03-5432-1500(代)
▼キャロットタワー地図(世田谷パブリックシアターの隣です)
http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/map/frame.html

(2)「“森”からの恵み」関連イベント(報告会)のお知らせ

生活工房での「“森”からの恵み・その多彩な色たち」の企画展示にあわせて
今回の制作を担当した奥村悦子さんと、わたくし森本の報告会を行います。

と き:8月7日(日)
ところ:三軒茶屋にある「生活工房」セミナールーム(入場無料)
※「生活工房」セミナールームは、東急田園都市線/世田谷線
の三軒茶屋駅に直結したキャロットタワーの4Fにあります。
でんわ:03-5432-1500(代)
【タイムテーブル】
13:00 カンボジアで「自然素材で染める」ということ(奥村さん)
14:00 研究所関連VTR上映
15:30 クメール伝統織物研究所と「伝統の森」、そしてPWF(Project
of "Wisdom from Forest")という挑戦(森本)

(3)「生活工房」会場での販売について

展示会場となるキャロットタワー3Fの「生活工房」情報プラザギャラリーは
朝9時から夜8時までオープンしております。今回の企画展示に併せて、研究
所の布の販売も行なう予定ですが、会場は展示用ギャラリーのため、販売員が
常駐しているわけではありません。担当者不在の場合は対応できない時間帯も
あるとのことなのですが、IKTTジャパンの協力により、期間中の金曜・土
曜・日曜のそれぞれ午後1時から5時までは、販売対応が可能になりました。
たいへん申し訳ございませんが、布のご購入を目的にお出かけになられる場合
は、この時間帯にお出かけくださるようお願いいたします。

(4)IKTTジャパンのホームページがリニューアルしました

日本国内から、研究所の活動支援を行なっていただいているIKTTジャパン
のホームページがリニューアルされました。同時に、しばらく中断していた研
究所で制作した絣のスカーフやハンカチなどの取り扱いも再開しました。日本
国内での関連イベントの紹介や、雑誌やTVなどに研究所の活動が取り上げら
れた際の告知なども行なっています。
▼IKTTジャパンのホームページ
http://www.iktt.org/

クメール伝統織物研究所 森本喜久男
http://www.esprit-libre.org/iktt/

_____________________ I N F O R M A T I O N __________________________

研究所は、月曜から土曜日の朝8時から午後5時までです(12時から2時ま
ではお昼休み)。工房も日曜日はお休みですので、工房の見学をご希望される
かたは平日にお越しください(できるだけ事前にご予約をお願いします)。な
おショップ&ギャラリーのみ日曜日も含め午後7時まで開けております。場所
は、シェムリアップ中心部にあるオールドマーケットからシェムリアップ川沿
いに南へ約1キロ、クロコダイルファームの200メートル手前の右側です。

※なお、このメールへの返信メッセージを読むことができません。返信はご遠
慮いただけますようお願いします。
※お問い合わせに関しては以下のURLよりお願いします。
http://www.esprit-libre.org/iktt/contact.html

【配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
http://www.esprit-libre.org/iktt/magazine/

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2005 IKTT All rights reserved.

伝統の森の第二章

|

木を食べる男が現れたところで、伝統の森の活動は第二章に入った。

セカンドステージ、あたらしい運営体制をこれをきっかけに森のなかに作っていこうと考え、動き始めた。

そのはじまりが、9月17日の蚕祭りになるのかな。お出でいただける方々からご連絡をいただいています。

たのしみにしております。

木を食べる男

|

森の現場で建設中の家。棟梁や大工たち、そして材木が消えてなくなった。家は7分どうり出来上がっていたのだが、そのまま。どうもカンボジアではよくある話らしい。まわりのみんなんは、そんなに驚かない。そして、木を食べるのが好きな人たちがいることも知った。

RSSとは?

RSS(RDF Site Summary)はXMLを利用したコンテンツ配信のためのフォーマットです。
クメール伝統織物研究所では新着記事タイトル、URLなどの情報をRSSでご提供しています。
以下の青いアイコンをクリックするとRSS Feedをダウンロードできます。

RSS

※クメール伝統織物研究所ではRSSの利用法に関する個別のご質問にはお答えできません。
何卒ご了承ください。

このアーカイブについて

このページには、2005年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年6月です。

次のアーカイブは2005年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0