IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

木を食べる男

森の現場で建設中の家。棟梁や大工たち、そして材木が消えてなくなった。家は7分どうり出来上がっていたのだが、そのまま。どうもカンボジアではよくある話らしい。まわりのみんなんは、そんなに驚かない。そして、木を食べるのが好きな人たちがいることも知った。

更新日時 : 2005年7月 6日 13:39

前後の記事:<< 棟上式 | 伝統の森の第二章 >>
関連記事