IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

伝統の森の第二章

木を食べる男が現れたところで、伝統の森の活動は第二章に入った。

セカンドステージ、あたらしい運営体制をこれをきっかけに森のなかに作っていこうと考え、動き始めた。

そのはじまりが、9月17日の蚕祭りになるのかな。お出でいただける方々からご連絡をいただいています。

たのしみにしております。

更新日時 : 2005年07月11日 09:26

前後の記事:<< 木を食べる男 | 「ロレックス賞」受賞のご報告にかえて >>
関連記事