IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

メコンにまかせ Vol.050

2005/09/02_____________________________________________________Vol.050

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
____________________________________ http://www.esprit-libre.org/iktt/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。

8月7日(日)の世田谷「生活工房」での報告会は、ほぼ3か月間の染色作業
を担当した奥村さんと、研究所で主任研究員を務めた小川さんの報告によって
盛況のうちに終了したとうかがいました。ご参加いただいたみなさま、そして
突然の予定変更をお許しいただいた生活工房のみなさま、本当にありがとうご
ざいました。「森からの恵み」の展示は9月11日までです。期間中の金曜・
土曜・日曜日の午後には、IKTTジャパンの協力でスカーフやハンカチの販
売も行なっております。

さて、私の報告会への参加を阻むことになった「伝統の森」でのいくつかの出
来事も大方のところ修復の目途が立ってきました。現在は、ほぼ毎日のように
いらっしゃる訪問者や日本からのスタディツアーのみなさんへの応対と、9月
17日に行なう「蚕供養」の準備に追われております。
「伝統の森」では、昨年の秋に建設を始めた作業棟3棟がまもなく完成する予
定です。これは、シェムリアップの工房の建物とほぼ同じ大きさの建物です。
これによって、本格的な染め織りの作業に取り組むだけの環境が整いつつあり
ます。織り機の準備にも、取りかからなければなりません。
作業棟が完成した後には、シェムリアップの工房から、森の作業場へのスタッ
フの移転も始まります。住居用の小屋を作り、希望者から順に移転していける
ように考えています。さらには、「伝統の森」の土壌改善のための、有機肥料
の生産を検討しています。牛糞と破砕した枝葉や生ゴミ、染め材を煮出した後
の残滓や括りに使った後のバナナの繊維などを発酵させ堆肥とすることで、生
活用の野菜畑の肥沃化と、桑や綿花、藍などの育成を促進させるのです。それ
以外にも、染色用に雨水を利用する染め場の整備も検討しています。
有機肥料の例だけではないのですが、これまで以上に村人たちの中にある「生
活すること」と「森を育てる」ことを連携させていくための啓蒙と実践を進め
ていかなければならないと考えるようになりました。これもまた、長い内戦の
中で喪失してしまった「伝統の知恵」を取り戻すための活動といえるのかもし
れません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

(1)企画展示「“森”からの恵み~その多彩な色たち」のご案内

と き:8月5日(金)から9月11日(日)まで(9:00~20:00)
ところ:三軒茶屋にある「生活工房」情報プラザギャラリー
※「生活工房」情報プラザギャラリーは、東急田園都市線/世田谷線
の三軒茶屋駅に直結したキャロットタワーの3Fにあります。
でんわ:03-5432-1500(代)
▼キャロットタワー地図(世田谷パブリックシアターの隣です)
http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/map/frame.html


(2)「生活工房」会場での販売について

展示会場となるキャロットタワー3Fの「生活工房」情報プラザギャラリーは
朝9時から夜8時までオープンしております。今回の企画展示に併せて、研究
所の布の販売も行なわれておりますが、会場は展示用ギャラリーのため販売員
が常駐しているわけではありません。IKTTジャパンの協力により、期間中
の金曜・土曜・日曜のそれぞれ午後1時から5時までは、販売対応が可能にな
りました。たいへん申し訳ございませんが、布のご購入を目的にお出かけにな
られる場合は、この時間帯にお出かけくださるようお願いいたします。

(3)9月17日、「伝統の森」で蚕供養を行ないます。

お時間のつく方はぜひとも起こしください。
(事前にご連絡をいただけると、幸いです)。


クメール伝統織物研究所 森本喜久男
http://www.esprit-libre.org/iktt/

_____________________ I N F O R M A T I O N __________________________

研究所は、月曜から土曜日の朝8時から午後5時までです(12時から2時ま
ではお昼休み)。工房も日曜日はお休みですので、工房の見学をご希望される
かたは平日にお越しください(できるだけ事前にご予約をお願いします)。な
おショップ&ギャラリーのみ日曜日も含め午後7時まで開けております。場所
は、シェムリアップ中心部にあるオールドマーケットからシェムリアップ川沿
いに南へ約1キロ、クロコダイルファームの200メートル手前の右側です。

※なお、このメールへの返信メッセージを読むことができません。返信はご遠
慮いただけますようお願いします。
※お問い合わせに関しては以下のURLよりお願いします。
http://www.esprit-libre.org/iktt/contact.html

【配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
http://www.esprit-libre.org/iktt/magazine/

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2005 IKTT All rights reserved.

更新日時 : 2005年9月 2日 11:09

前後の記事:<< メコンにまかせ Vol.049 | メコンにまかせ Vol.051 >>
関連記事