IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

ロレックス効果

もう一昨年になるのですが、2004年にいただいたロレックス賞のおかげといえるのだと思いますが、本当に最近、研究所の訪問者に欧米系の人たちが増えてきました。ほんとうに感謝です。

そんななかで、きょう来られた日本人の若い夫婦のかたが、10ヶ月の男の子をだいておられた、そして声をかけたら。実は子のこの名前はわたしの喜久男の喜の字をいただいて悠喜とつけましたといわれてしまいました。日本で放送されたNHKの番組を見て、わたしの活動に強く引かれたと、そして生まれてきた子どもの名にわたしの一字を、少し恥ずかしくそしてへんに責任感を感じてしまいました。

伝統の森の仕事も、器(家)の整備緒ほぼ進み本格的な作業所の移転が今年から始まります、まだもう数ヶ月はかかると思いますが、伝統の森「工芸村」への第一歩が始まるわけですから、気を引き締めて、と新年そうそう思っていたところでした。

更新日時 : 2006年1月16日 09:29

前後の記事:<< 事件 | あたらしい研修生 >>
関連記事