IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

よくある質問とその答え(FAQ)

よくある質問とその答をまとめてあります。

Q. 研究所に訪問をしたいのですが?
A. 研究所のショップ&ギャラリーは、日曜日も含め朝8時から午後6時まで開いております。工房は、月曜から土曜日の朝8時から午後5時まで、日曜はお休みです(12時から2時まではお昼休みです)。工房の見学をご希望される場合は、この時間帯にお越しください。なお、染め織りの工程をご覧になる場合は、午前中にいらっしゃるほうがよいかもしれません。

Q. シエムリアップ・IKTTまでの歩き方
A. オールドマーケット(プサー・チャー)の南側にあるタ・プローム・ホテルの玄関前に立ち、右斜め前の方向に、道路を挟んで流れるトンレサップ川に沿って進みます。現在、川岸の遊歩道整備が進んでいますので、足元に注意して進んでください。道なりに(つまり川に沿って)歩くこと5~6分で、右手に「クメール伝統織物研究所」と日本語と英語で書かれた看板が見えてきます。ここがIKTTです。(左側にクロコダイルファームの看板が見えてしまったら行き過ぎてしまいました。お戻りください)地図はこちら
また、「地球の歩き方・アンコールワットとカンボジア」最新号(
06-07 版)の p.177 の地図にも載っていますので、そちらでご確認ください)

Q.「伝統の森」に訪問をしたいのですが?
A. 「伝統の森」は、シエムリアップの町から北へ約30キロ、車で約1時間のところにあります。アンコールワットを右に見て進み、アンコールトムの南大門をくぐり四面仏の尊顔が微笑むバイヨン寺院を通り越し、さらに北へ。プリアカン寺院の門前を過ぎて道路が大きく右にカーブした先に、左に折れる一本道が現れます。この道を約10キロ、途中何度か川を渡り、左手の木立の間にお寺が見えたらすぐ先の道を右へ。曲がり角に設置してあるIKTTとMORIMOTOの名前の入った緑色の看板を確認してください。ここから約4キロ、ふたたび川を渡り、しばらく行くと右手に「伝統の森」の入口が現れます。
 シエムリアップの町から「伝統の森」まで、タクシーで往復40〜50ドルが相場です(シエムリアップ基点で請求されるので片道でも料金は同じです)。
 なお、『カンボジア絹絣の世界』p.116 にある「シエムリアップ周辺図」にも「伝統の森」の位置がプロットされております。こちらも参考にしてください。2007年8月にはゲストハウスができたので宿泊(要予約)も可能となっています。詳細はお問い合わせのページよりご連絡ください。

Q.研究所でのボランティアは募集していますか?
A.WEBサイトにて募集要項を掲載しています。こちらをご確認の上、お問い合わせください。

Q.研究所の布はどこで売っていますか?
A. 基本的には、シェムリアップの研究所内のショップでの販売になります。日本国内では、大阪・吹田市にある国立民族学博物館(みんぱく)のミュージアムショップ、などにお預かりいただいている商品もございますが、残念ながら品数はそれほど多くありません。

それ以外には、不定期に開催される展示会や講演会の際に、展示と販売を行なうようにしています。これらのイベント情報は、サイトに掲載されるとともに、メールマガジン「メコンにまかせ」でもご案内をしています。

更新日時 : 2006年3月14日 16:02

前後の記事:<< 森本喜久男プロフィール |
関連記事