IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

写真家・大村次郷「[伝統の森]と森本喜久男を語る」を開催します

6月3日(土)午後1時より、講演会(スライドトークショー)「写真家・大村次郷、“伝統の森”と森本喜久男を語る」を開催いたします。

大村次郷(おおむら・つぐさと)氏は、アジア各地のフォト・ルポルタージュを手がけ、昨年はNHK「新・シルクロード」でのスチール撮影も担当されました。カンボジアにおいては、上智大学アンコール遺跡国際調査団がバンテアイ・クデイにおいて発掘した廃仏の撮影を始めとして、アンコール遺跡関連の撮影も精力的に続けられています。その大村氏が、現在もっとも注目しているのが、カンボジアで出会ったクメール伝統織物研究所の森本喜久男さんなのです。アジアのさまざまな現場を訪れている大村氏が、森本さんの活動の、いったい何に注目しているのか。豊富な撮影資料とともに、その活動の本質に迫ります。

なお、トークショーの前後には、クメール伝統織物研究所で制作された布の展示・販売も行ないます。

日時 :2006年6月3日(土)13:00より(12:00開場/16:00終了)
会場 : 環境パートナーシップオフィス
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
(TEL:03-3406-5180)
青山学院大学向かいのオーバルビル裏
(青山ブックセンター本店と同じフロアにあります)
※ 表参道駅B2出口より約5分、渋谷駅より約10分。

会場までのアクセスはこちら
入場 :無料
タイムテーブル:12:00 開場
13:00~ スライドトークショー
14:00~ 質疑応答
14:30~ 関連VTR上映(予定)
16:00 終了
問い合わせ先:nishikawa[ at ]iktt.org (西川宛)
※[ at ]の部分を @ マークに変更して送信してください

■大村次郷氏の主な著書
『遺跡が語るアジア』(中公新書)、『アジア食文化の旅』(朝日文庫)、『新アジア漫遊』(朝日文庫)、『アジャンタ壁画』(日本放送出版協会)、『釈尊』(日本放送出版協会)、個人選集『アジアをゆく』全7巻(写真、集英社)など

写真集 新シルクロード
写真集 新シルクロード
遺跡が語るアジア
カラー版 遺跡が語るアジア
ブッダの生涯
ブッダの生涯
アジャンタ壁画
アジャンタ壁画

更新日時 : 2006年05月26日 16:55

前後の記事:<< 企画展:「森」からの恵み・その多彩な色たち | アイハウス夏祭り ”The賑”- フェアトレードコーナー参加のお知らせ >>
関連記事