IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.064

2006/12/18_____________________________________________________Vol.064

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。
去る11月27日に、早稲田大学の平山郁夫記念ボランティアセンター主催の
講演会でお話をさせていただきました。
その際の、講演会の会場での主催者アンケートの結果内容を拝見させいただき
ました。当日の会場での質疑応答の際にも、さまざまな角度からのご意見・ご
感想をいただきましたが、このアンケートのコメント欄にも、多くの方からの
ご意見・ご感想、そして励ましのお言葉ををいただきました。会場に出席され
たみなさま、そして講演会を主催していただいた早稲田大学の皆様、ありがと
うございました。

(1)「NHKラジオ深夜便 こころの時代」での放送があります

先日、京都の法然院で収録を行ないました「NHKラジオ深夜便 こころの時
代」の放送日が決まりました。
「カンボジア伝統織物復活にとりくむ」というタイトルで12月21日と22
日の2日間、午前4時のニュースのあと、それぞれ約45分の放送になるとの
ことです。
【放送日時】
 2006年12月21日(木)午前4時5分(ニュースのあと)〜
 2006年12月22日(金)午前4時5分(ニュースのあと)〜

▼NHKラジオ深夜便こころの時代(番組表)
http://www.nhk.or.jp/radiodir/pro/shinya.html

【放送日時】
2006年12月21日(木)午前4時5分(ニュースのあと)〜
2006年12月22日(金)午前4時5分(ニュースのあと)〜

なお、放送は、NHKラジオ第1とNHK−FMでの放送になります。(受信
する地域によって周波数が異なりますので、以下のURLでご確認ください)

▼周波数案内(NHKラジオ第1)
http://www.nhk.or.jp/res/tvres5/h50302.htm

(2)クメール伝統織物研究所「2007年カレンダー」のご案内

IKTT Japanの協力により、クメール伝統織物研究所オリジナルの「2007年
カレンダー」ができあがりました。サイズはA5判(上下に開いてA4判サイ
ズで使用)、6種類の絣布の写真のほか、「伝統の森」についての紹介、そし
てクメール伝統織物研究所で使用するおもな染め材の写真などが掲載されてい
ます。頒布価格は1部1000円です(送料別、日本国内の場合、配達記録の
ある冊子小包でお送りします。3部まで390円)。
サンプルの画像、ならびにお申し込みは以下のURLからどうぞ。

▼「クメール伝統織物研究所2007年カレンダー」
http://www.iktt.org/calen.html

このカレンダーは、東京都内では、神保町「アジア文庫」、高円寺「茶房・高
円寺書林」、西荻窪「信愛書店」に販売をお願いしております。
また、福岡市内では、福岡市美術館内ブックショップならびに福岡アジア美術
館ミュージアムショップでのお取り扱いも始まりました。
ともに、数に限りがありますのでお早めにお求めください。

▼福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1−6)
http://www.fukuoka-art-museum.jp/jd/html/jd02/fs_jd02.html
▼福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3−1 リバレインビル7F)
http://faam.city.fukuoka.jp/shop/shp_index.html

▼アジア文庫(千代田区神田神保町1−15内山ビル5階)
http://www.asiabunko.com/
▼茶房・高円寺書林(杉並区高円寺北3ー34ー2)
http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html
▼信愛書店(杉並区西荻南2‐24‐15)
http://park12.wakwak.com/~tks/furhon.htm

(3)シェムリアップで「アンコールシルクフェア」が開催されます

恒例となった「アンコールシルクフェア」が開催されます。この「アンコール
シルクフェア」は、カンボジア国内で、シルクの生産から製造・販売までのそ
れぞれにかかわる団体によって組織されたカンボジア・シルク・フォーラムの
主催によるものです。
期間は、2月1日から5日まで。会場は、ラッフルズ・グランドホテルの前庭
です。期間中のプログラム等は、まだ未定ですが、IKTTは昨年同様、括り
や織りの実演・展示と、ファッションショーに参加する予定です。

▼アンコールシルクフェア2007(英語のみ)
http://www.angkorsilkfair.com/


2006年12月18日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLより、あるい
はiktt@hotmail.comまでお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2006 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせのバックナンバー
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

更新日時 : 2006年12月19日 03:57

前後の記事:<< 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.063 | 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.065 >>
関連記事
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.141(2009年3月11日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.140(2009年2月 6日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.139(2009年1月25日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.138(2009年1月 4日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.137(2008年12月21日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.136(2008年12月15日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.135(2008年12月 9日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.134(2008年11月30日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.133(2008年11月22日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.132(2008年11月13日)