IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

ファッション ショウ ふたたび

研究所はこれで3年目、回数で言えば5回ほどシエムリアップでファッション ショウを実施してきた。でもプロのモデルさんじゃなく、研究所のスタッフが、織手が自分の織った布をまとい、キャットウオーク。なかなか素敵である。他のショップや団体が、プロのモデルさんなのに、ときには、研究所のおばあが、ステージに。

また今年も、そんな季節が。今月の31日、これはシエムリアップでおこなわれる、国際シンポジュームのゲストを対象に、一度。そしてよく、2月1日から4日までは、例年のシルクフエアーで、活動の紹介のデモンストレーションとともに、ファッションショウに参加。

昨日も、そんなみんなのまとう布の準備、などなど。ところが、今年はまだバックに流す音楽が決まらない。これがないと、イメージが、とわたしもすこしあせりはじめ、CDショップに走るが、なかなか、これというのがない。例年なら、いつも回りで流れている、ヒット曲でいけるのが、ことしはそんな耳に残るヒット曲がない。研究所のみんなに聞いても、これというのがない。

それと、今年のショウは20分、4部仕立て。一部が結婚式の朝の花婿の家族親戚の行進を模したもの。でも花婿無し。伝統の衣装に身にまとい、手に布や黄色のシルクの束を籠に。第2部が、これ、今年の目玉、研究所のスタッフの子どもたち、15人ぐらいに伝統の絣の布をまとわせて、歩かす。バックには、玉虫の布が揺らめく。そんな、うまくいけばいいのだが、まだウオークの練習中。乞うご期待。


森本喜久男


The 4th Annual ANGKOR SILK FAIR の案内はこちら

更新日時 : 2007年1月18日 08:40

前後の記事:<< シエムリアップ時代 | なまけもの >>
関連記事
ピーポア(2007年2月26日)
アンコール シルク フェアー終える(2007年2月 5日)
ファッションショウ前夜(2007年1月31日)
水祭り(2008年11月13日)
あたらしいステージにむけて(2007年10月11日)
協力依頼(2007年4月 9日)
ドルック エアー(2007年4月 5日)
開墾(2007年4月 3日)
行商の旅、ドイツ(2007年3月29日)
そして、未来(2007年3月19日)