IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

あたらしい家

070119.jpg
伝統の森の一角に姿を現しつつある工芸村。森の集落はこれまで、開墾や養蚕、などの世話をする森の住人が住む集落が二つあった。そして、さきにオムソット一族が移住した、工芸村。伝統の森の三っ目の集落になる。

周辺の村からシエムリアップの作業所に来ていた若い織手、10数人も伝統の森に引越し。工芸村の総勢は40人を越えてきた。簡単な染の建屋もでき、すでに染も本格的に出来る環境が整っている。あたらしい、森の色が生まれつつある。

そして、あらたにタケオ組みの若いリーダー、ソキアンの家を建て始めた。家の大きさは、オムソットの家とおなじ大きさ。9m x 7.5m、木造高床式。何人かシエムリアップにいるタケオ組みも含めて、家が完成すればシエムリアップの主力は移住する方向で考えている。約30人ほど。

それ以外の移住か移動組みも含めて、総勢100人ほどが同時期に移動していく。家が出来上がるのが、順調に行けば3月末。だから、カンボジア正月の4月を終えたころには、研究所の本体は伝統の森へ移動する。

飲み水や、電気はもう一歩グレードアップが必要、そして、生活用水の浄化。インフラ関係はまだ残された課題が山のようにあるけれども、よし。畑への灌漑関係も恒常的な散水システムを構築する必要がある。

わたし自身も、研究所の主力が森へ移動していくなかで、森に住み始める予定。ほんとうは、明日からでも森に暮らしたいのだけれども。あと数ヶ月後には、皆さんと森でお会いできるようになればいいなと思っております。


森本喜久男

更新日時 : 2007年1月18日 22:34

前後の記事:<< ジグソーパズル  | アンコール時代の水門 >>
関連記事
「伝統の森」はもう夏(2010年3月24日)
デーゴーの花の咲く頃(2010年2月10日)
ポジティブ思考のすすめ(2009年12月14日)
「伝統の森」が島に?(2008年8月18日)
地鎮祭 (2008年8月13日)
伝統の森の最新情報(2008年1月13日)
ピアックスナエン「伝統の森」にて(2008年1月 9日)
季節風(2007年10月24日)
あたらしいトイレ(2007年10月24日)
あたらしいステージにむけて(2007年10月11日)