IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

行商の旅、ドイツ

07_0330.jpg

研究所の布を担いで、ドイツに行商の旅に出ることにした。

ドイツのARTEという1時間のドキュメンタリーテレビ番組で研究所の活動が紹介され、その反響に答えるために。じつはすでに昨年一度、放映され今回はその再放送。ドイツ、そして、フランスや近隣のヨーロッパの国の番組を見た人たちから、メイルがほんとうにたくさん届いている。なかには、今回見たのは2度目だけれども、というものも。

そして、IKTTの布を買いたいのだがどうすればいいのか、という問い合わせ。しかし、まだ研究所ではWEBサイトでは布の販売をしていない。シエムリアップまで行ければいいのだが、難しい、なんとかヨーロッパで布を買えるように、そして販売することを真剣に考えろ。そんな要望が、届いている。

研究所の布を買っていただくことが、研究所の活動を支援することになる、番組の中で紹介された、そんなことを知ってのこと。嬉しい励ましである。

研究所の活動、なかでも、貧しい家庭に暮らす女性たちに仕事を提供している、そしてそれが伝統の織物を作り出すこと、カンボジアの人々の誇りを取り戻すことでもあると。そんなことを、テレビを見た人たちから、逆メッセージとして届けられてくる。

そして先日、14歳のテレビを見た少女から、わたしは研究所にお金を送りたいと思い銀行に行ったけれども、送金手数料がわたしが送りたいと思ったお金より高い、何とかヨーロッパの中で、簡単に寄付できるようにならないか。

そして、わたしは、その少女のお金を受け取りに行こうと思った。そして、メイルをいただいた人たちに会ってこようと、そのために布を担いでドイツに行商の旅に出ることにした。これまでに何度か研究所を訪ねてくれたドイツの人がいる。そのひとに、場所を探してもらえないかとメイルを送った。そして、快い返事が帰ってきた。


森本喜久男

更新日時 : 2007年3月29日 16:08

前後の記事:<< そして、未来 | 開墾 >>
関連記事
スピードボートは快適?(後編)(2000年8月 6日)
スピードボートは快適?(前編)(2000年8月 6日)
ドルック エアー(2007年4月 5日)
1月のフルムーン(2003年1月23日)
増える訪問者(2001年6月18日)
カンボジアはお盆(2000年9月26日)
筆一本の職人さん(2000年8月24日)
アキラの地雷博物館-地雷はもうたくさん(後編)(2000年8月18日)
アキラの地雷博物館-地雷はもうたくさん(前編)(2000年8月18日)
研究所の新しいスタッフ(2000年7月12日)