IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

アメリカのテレビ取材、そして

07_sosite01.jpg

約一週間の、アメリカのテレビ局のIKTTの活動への取材が無事終わった。6月後半には、インターネット上でも見られるはず。その一日は、フランスの雑誌の取材も重なり、てんやわんや、といえる日も。

研究所の活動が少しでも多くの人たちに知られていくようになればと思う。来週に控えた、ドイツ、フランスへの行商の旅は、そんな人たちとのあたらしいネットワークの構築への、第一歩。

伝統の森での仕事は、あいかわらず、とても大変な問題を山積みしているが、すこしづつ、方法を模索しながら、前に進むことができればと思っている。

心配なのは、わたしが、そのエネルギーとテンションをキープすることが、なんて、ふと弱気になってみたり、したくなるけれども、でも、前に進むのみ。

何せ、人間プロジェクト、20数年の戦乱の混乱の中で生き抜くすべを身につけてきた森の住人たちと、平和時の現在の生活の違いを、実感してもらうことは、なかなか困難、そこにたどり着くには、まだまだ時間がかかる。

私自身も、その現場で試行錯誤を繰り返し、よりマッチベターな道を模索しながらの日々。ときには、激しく森の住人たちとクロスする。

今日もこれから、気を取り直して、森へ進撃です。


森本喜久男

07_sosite02.jpg

更新日時 : 2007年05月12日 20:28

前後の記事:<< 竹の織機 | バージョンアップ >>
関連記事
バージョンアップ(2007年05月12日)
長野の庭師(2007年04月01日)
森の地図(2007年01月08日)
最近の伝統の森の写真(2007年07月20日)
[ FRONTLINE/WORLD ] ウェブサイト公開のご案内(2007年07月17日)
シンガポールで雑誌の取材など(2007年07月03日)
地球街道、雑誌での紹介(2007年07月03日)
森の木(2007年06月28日)
桑の木とキャッサバ(2007年06月22日)
木を食う男、その2(2007年06月10日)