IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

桑の木とキャッサバ

研究所の桑畑に、キャッサバを植える住人がいる。

キャッサバはでんぷんの原料となる芋。そのままでは食べられないが、焼くと甘みがあり美味である。生食すると、苦痛に耐えられないほどに苦しむのだが。

わたしの知り合いが、ポルポト時代に畑で作業をしていて、空腹のあまり、分かっていたけれども我慢できずに食べて苦しんだ話をする。

キャッサバ

そんな、キャッサバ。根が張る力が強く、桑の木に隣接して植えると、桑の木が負けてしまう。枯れるまでいかないが、目に見えて元気がなくなる。伝統の森の、桑畑も同じで、でも、森の住人はなかなかそれを止めようとしなかった。

植物の世界は、ときに共生が難しいこともある。それはその自然環境のもつ条件に由来するのだけれども。そして、最近、やっとそれが実行、キャッサバは桑畑から消えた。伝統の森の基本は桑畑。元気のない、桑の木を見るとかわいそうな気がする。

ver02.jpg

人間の社会もときには、おなじ。諦観とでもいうのだろうか、森の木を切っている人がいても、やさしい人たちは、それを見ているだけでしかない。でも、悪事を働く人間の根はなかなか手ごわく広がり易い。ときには、勇断にその根を切らなければならない。

桑の木が元気になったように、森の優しい人たちも、いつもの元気な笑顔が戻ってきた。そんな気がした。


森本喜久男

更新日時 : 2007年6月22日 10:38

前後の記事:<< 木を食う男、その2 | 森の木 >>
関連記事
朝の珈琲(2010年2月16日)
クメール語版『森の知恵』(2009年11月 4日)
リラックス(2009年4月29日)
夜に咲く花(2009年3月11日)
森の出勤時間(2009年3月 7日)
「桑の木基金」が10周年を迎えました(2009年1月10日)
自然のコンビニエンスストアー(2008年10月23日)
自然との融合 (2008年10月22日)
お盆の里帰り(2008年9月28日)
太陽が二つ(2008年7月13日)