IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

色落ちしない藍

染織家の田村佐和子さんが、カンボジアですたれて消えてしまった、藍染を復活させるために、伝統の森で藍の木を植え始めてから4年。

田村さんの下で育った染組みのメンバーが、今年初めて師匠の手を借りずに、カンボジア人だけで藍の木の収穫から、泥藍づくり、そして染めとすべての工程をやりきった。

これは大変なこと。藍畑の土の堆肥の具合もよく、今年は藍の木の育ちもいい。やはり伝統の森で育ち、紡がれた木綿の糸にきれいに藍の色が染められた。

この数年間、色落ちしない藍を染めたいと思ってきた。それに、一歩近づきつつある、そんな実感が。急いで染めた色は、急いで落ちるのだと。ゆっくり染めた色は、ゆっくり落ちる、と。そして、いい色を染めるためには、藍の木が元気に育つためのいい土が要ることも、学んできた。

田村さん、ありがとうございます。

indigo_dying_001.jpg

indigo_dying_002.jpg

indigo_dying_003.jpg

indigo_dying_004.jpg


森本喜久男

更新日時 : 2007年7月27日 22:55

前後の記事:<< 養蚕の村で起きていること | 手の仕事 >>
関連記事
40という数字(2009年6月24日)
あたらしい時代の予感(2010年1月18日)
布が結ぶ人と人(2009年12月13日)
祭りを終えて(2009年9月14日)
突然のスコール(2009年7月22日)
ラックカイガラムシの赤はほんとうに美しい その2(2009年7月16日)
ラックカイガラムシの赤は本当に美しい。(2009年7月16日)
布が売れた(2009年4月24日)
一枚の黒い布(2009年4月21日)
自然を布に(2009年4月20日)