IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.075

2007/7/3 ______________________________________________________Vol.075

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

 みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。
 昨日、シエムリアップの研究所に、女優の清水美砂さんがいらっしゃいまし
た。テレビ東京『地球街道』という番組でIKTTが紹介されます。7月28
日にも清水美砂さんのアンコール編は放送されますが。IKTTが紹介される
のは8月4日の夜10:30放送となる予定です。楽しみにしていてください。
 清水美砂さん、そしてスタッフの方々もIKTTの布を気に入っていただき
たくさんお買い上げいただきました。ほんとうに、ありがとうございます。
 それから先日は『ニューズウィーク日本版』の取材も受けました。「伝統の
森」へも同行していただきました。こちらは、7月末に発行される号(海外で
暮らす日本人の特集)に掲載される予定と聞いております。書店にて、チェッ
クお願いいたします。
 先日のドイツでも、ドイツの地元の新聞から取材を受けております。ドイツ
では、先日のメイルニュースでもお伝えいたしましたが、IKTT Germanyが結成
され、美術館からの問い合わせなど、新しい動きが出てきております。
 そしてドイツからの帰りに、パリでは現地の「フィガロ」「マリクレール」
「エル」からも取材を受けました。この7月か8月には出るのではないかと思
っています。
 事前に「伝統の森」まで来てくれた「エル」のカメラウーマン、そしてパリ
のギャラリーで撮影してくれた「マリクレール」のカメラマン氏、それぞれの
撮影時がとても印象に残っておりますので、出来上がりがたのしみです。
 「フィガロ」や「マリクレール」の取材を受けたパリのカルチェラタンのギ
ャラリーに、IKTTの布を紹介販売する店ができました。ウインドーには、
きれいにIKTTの布がディスプレイされ、そのなかにわたしの写真も飾って
ありました。カンボジアのクラフトを販売している、その名も「ジャヤヴァル
マン七世」という名前のギャラリーです。店のオーナーいわく、おまえはフラ
ンスでは有名人だ、と笑いながら。そして、その写真を見て布を買っていく人
がいるのだとつけたしました。そのオーナーとの記念写真は、研究所のWeb
サイトに掲載してありますので、ご覧ください。

▼テレビ東京「地球街道」
http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidou/


(1)横浜タカシマヤ「アジアの絹展/アジアの手仕事展」

7月18日(水)から23日(月)まで、横浜タカシマヤ8階催事場で開催さ
れる「アジアの絹展/アジアの手仕事展」という催し物に、カンボジアの伝統
織物を代表してクメール伝統織物研究所が参加し、展示と販売を行なうことに
なりました。実際の運営は、IKTT Japanのメンバーに担っていただくことにな
ります。会場では、アジア各地の工房やショップによる出店がなされると聞い
ています。横浜ならびに東京近郊のみなさま、ぜひとも会場に足をお運びくだ
さい。

と き:7月18日(水)〜23日(月)
    午前10時から午後8時まで(最終日は午後5時閉会)
ところ:横浜タカシマヤ 8階催事場
    横浜市西区南幸1丁目6番31号(横浜駅西口)
    電話:(045)311−5111(代)

▼地図(横浜タカシマヤ)
http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/access/index.html


2007年7月3日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLより
お願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

更新日時 : 2007年07月03日 02:06

前後の記事:<< 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.074 | 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.076 >>
関連記事
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.076(2007年07月08日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.074(2007年06月24日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.073(2007年06月06日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.072(2007年05月28日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.071(2007年04月24日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所(2007年04月18日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.069(2007年04月11日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.068(2007年02月17日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.067(2007年02月11日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.066(2007年02月07日)