IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.076

2007/7/7 ______________________________________________________Vol.076

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。

《デング熱、そして禁煙》
 ここしばらく、熱が下がらない状態が続いていた。先週の日曜日の午後、降
り始めた雨にあたって、そのままの服で昼寝をしたので風邪でもひいたのかな
と思っていた。ところが、愛用のタイ製の風邪薬を何度か飲んでも熱は引かな
い。それどころか38度を超えるようになり知り合いの医者に診てもらった。
彼は「はだしの医者」よろしくIKTTまで足を運んでくれる。とりあえず採
血。しばらくして戻ってきた彼いわく「デング熱だ」。念のためマラリヤの検
査もしたが、こちらは異常なし。
 今年は、デング熱がカンボジアも含めた東南アジアで異常発生して、シエム
リアップのこども病院でも患者を収容しきれないと聞いている。いわば、流行
の病。
 そんな熱で軽くうなされているとき、なぜか、このまま朝になったら、死ん
でいるかもしれないと、ふと思った。縁起でもない、といわれるかもしれない
が、なぜか本当にそう思った。
 そのとき、わたしがもし明日の朝死んでいたらIKTTのみんなは、どうす
るのだろうか、と考えた。でもこれもなるようにしかならない。それもいいか
な、と変に納得してしまった。不思議だったのは、何も悔いや思いもなく死ね
る自分が「そこに」いることだった。まあ、まだ志半ばだけれど、できるだけ
のことはやってきたのだから、と。

 はだしの医者氏の手厚い看護のおかげで、どうやらデング熱からは開放され
た気がする。とはいえ今朝までは、毎日点滴を続けていた。が、不思議なこと
に何度か途中で点滴できなくなった。血が固まりやすい、さらさらではない汚
れた血であることに気がついた。食生活もあるが、いちばんの原因はなんとい
っても煙草。わたしは、もう45年吸い続けてきた超ヘビースモーカー。肺の
中も真っ黒なはず。きれいな血を作るための、空気が取り入れられるとは思え
ない。
 煙草を止めるなら、肺がんで死んでもいいと、つい最近まで意固地なわたし
は思っていた。でも路頭に迷うIKTTのみんなのこと、まだ志半ばの「伝統
の森」のこと、そんなことをシミュレーションしてみた。そしてなんといって
も、まだ世界で最高と言い切れる布が作れたわけではない。だから、まだ死ね
ない。そう思い直した。
 まだ禁煙は、二日目が過ぎたところ。まだ、強い意志で禁煙をやり通せるか
自信はない。でも、もう少し長生きをせねばならないから、自愛してやらなけ
ればと思う。

 来週からはいつもと同じように「伝統の森」の現場に出かけられるようにな
るだろう。約100人のシエムリアップ居残り組を残し、IKTT本体の「伝
統の森」への移住は、最終段階に入り始めている。


(1)横浜タカシマヤ「アジアの絹展/アジアの手仕事展」

7月18日(水)から23日(月)まで、横浜タカシマヤ8階催事場で開催さ
れる「アジアの絹展/アジアの手仕事展」という催し物に、カンボジアの伝統
織物を代表してクメール伝統織物研究所が参加し、展示と販売を行なうことに
なりました。実際の運営は、IKTT Japanのメンバーに担っていただくことにな
ります。会場では、アジア各地の工房やショップによる出店がなされると聞い
ています。横浜ならびに東京近郊のみなさま、ぜひとも会場に足をお運びくだ
さい。

★★★お詫びと訂正★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★これまでお送りしていたメイルニュースで、開場時間を午前10時から★
★午後8時までとご案内してまいりましたが、8階催事場につきましては★
★午後7時で終了になるとの連絡が入りました。ここにお詫びし、訂正さ★
★せていただきます。なお、最終日の午後5時閉会に変更はありません。★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

と き:7月18日(水)〜23日(月)
    午前10時から午後7時まで(最終日は午後5時閉会)
ところ:横浜タカシマヤ 8階催事場
    横浜市西区南幸1丁目6番31号(横浜駅西口)
    電話:(045)311−5111(代)

▼地図(横浜タカシマヤ)
http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/access/index.html


(2)"FRONTLINE/WORLD"ウェブサイト公開のご案内

アメリカの公共テレビ局PBSの「FRONTLINE/WORLD」というドキュメンタリー番
組で私たちクメール伝統織物研究所が紹介されました。「Cambodia: The Silk
Grandmothers」というタイトルでまとめられています(英語版の番組ですが、
わたしはインタビューに日本語で答えています)。この番組は、ウェブサイト
上でも公開されています(約13分)。以下のURLから、ご覧になれるはずで
す(再生には、QuicktimeあるいはRealplayerが必要とのこと)。

▼「Cambodia: The Silk Grandmothers」
http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/cambodia_the_si.html


2007年7月7日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLよりお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

更新日時 : 2007年07月08日 00:13

前後の記事:<< 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.075 |
関連記事
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.075(2007年07月03日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.074(2007年06月24日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.073(2007年06月06日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.072(2007年05月28日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.071(2007年04月24日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所(2007年04月18日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.069(2007年04月11日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.068(2007年02月17日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.067(2007年02月11日)
【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.066(2007年02月07日)