IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

最近の伝統の森の写真

牛小屋
上の写真はほぼ完成まじかの牛小屋。牛も現在、10頭に殖えた。お母さん牛のお腹にはまた2頭の子供がいるから、それが生まれると、全部で12頭。それに備えて、新居を準備した。今回の牛小屋は8X12メートル、そして30X25メートルの遊び場付の豪華なもの。でもしっかり、その横に年内には牛の糞を利用した「バイオガス発生装置」を設置する予定。

家
こちらの写真は、大工さんたち。一人のプロの大工さんが、プノンペンの近郊の村からきてくれている。そして3枚目の家族、3人のタケオからの織の先生たちの旦那さんたちが弟子入り、にわか大工でがんばっている。いま建てかけの、研究所「社宅兼女子寮」まだ、屋根など資材を買うお金が足りなくて、途中でお休み状態だが、それも近いうちに出来上がるはず。そんな社宅を建ててくれている。

新しい世代
こちらは、いまは無きオムソットの家。日本流に、塩をまいて清めの儀式を執り行い、いまはオムソットの別の娘さんと、やはり研究所開設以来のタケオのおばあ、オムパットが住んでいる。

10年とスこし、新しい世代が育ち、代替わりをしながら、そして、緩やかに研究所は進化している。その、証し。

森本喜久男

更新日時 : 2007年07月20日 17:22

前後の記事:<< 森の木 |
関連記事
森の木(2007年06月28日)
桑の木とキャッサバ(2007年06月22日)
木を食う男、その2(2007年06月10日)
インタビュー(2007年06月04日)
かん違い(2007年05月17日)
雨にもマケズ(2007年05月16日)
バージョンアップ(2007年05月12日)
アメリカのテレビ取材、そして(2007年05月12日)
竹の織機(2007年05月11日)
土いじり(2007年04月21日)