2007年8月アーカイブ

2007/8/29 _____________________________________________________Vol.081

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。

●伝統の森への移転●
 9月1日、いよいよシエムリアップの作業所から「伝統の森」への移転が始
まる。すでに昨年の8月ごろから、研究所のみんなには「森」に移転すること
を伝え、まずは心の準備をしてもらい、そして実際に移れる人を募り始めてき
た。そして、すでに何組かは移住し「森」に住み始めている。
 生活の場所が変わるわけだから、そんな簡単なことではない。しかし、それ
にもめげず、移転を決意してくれた研修生の女性たち。なかには、土壇場にな
って行けなくなってしまった織り手もいる。彼女のお母さんが娘さんを家から
(遠く?)離れて、住まわせることに反対したことによる。本人は行くつもり
でいたのだが。
 そんな、移住組のために住宅を用意してきた。いわば社宅。その仕上げも最
後の秒読みに入っている。共同のトイレと台所、そのための水周り。そこには
6部屋、合計で20人ほどが住むことになる。今日は朝から移住予定者と、み
んなで掃除に行く。それぞれの住む部屋と、その周囲をきれいにするために。
近いうちに、森の住人のためのコンビニショップもオープンする予定。町の便
利さに慣れている人たちも含め移住するわけで、できる範囲での日常生活への
サポートを考えている。
 9月1日は、何台かのトラックに分乗し織り機や家財道具を乗せて、森に向
かう。大移動の開始である。テーマミュージックはまだ未定。2000年の1
月に、プノンペンからシエムリアップに、当時のでこぼこ道をやはりトラック
で移住してきたときのことを思い出す。でも、そのときはわずか5人だった。
現在のIKTTは、総勢で400人にもなる。思えばたいへんな発展を遂げる
ことができたと思う。これもおおくの皆様の支えがあってのこと、感謝いたし
ております。これからもIKTTの活動、そして布のさらなるバージョンアッ
プのために、皆様の、熱い支援をここにお願い申し上げます。
 世界一の絣の布を作りたいと思っております。これからも、そのための精進
をいたしますので、よろしくお願いいたします。
                 *
 なお、今回の移転により、「伝統の森」での作業所が本格的に稼動しはじめ
るわけですが、これまでシエムリアップにあった作業所とショップがなくなっ
たわけではありません。これまでと同じようにオープンしておりますので、安
心してお越しください。ショップは、朝8時から夕方6時まで、毎日年中無休
で開けております。作業所の見学については平日9時から夕方5時まで(正午
から14時までは昼休みです。また、日曜日もお休みです)。

(1)「蚕祭り」のご案内
きたる9月27日の木曜日に「伝統の森」では、恒例の「蚕祭り」を行ないま
す。例年、わたしたちは9月の満月の日に、蚕供養を兼ねた「蚕祭り」を行な
っております。今回の引越しを経て、工芸村エリアが生活の場として本格的に
機能し始めました。新しい段階に入った「伝統の森」で、皆様とひとときをす
ごせれればと考えております(詳細については追ってご連絡いたします)。
※「伝統の森」は、アンコールトム郡プレックスナエ地区チョットサム村にあ
ります。シエムリアップの街から北へおよそ25キロ、車で約1時間のところ
に位置します。事前にご連絡いただければ、現地を知るタクシードライバーを
お手配することも可能です。

(2)「アジアン・ジオグラフィック」で紹介されました。
先日シンガポールに出かけたときに、「アジアン・ジオグラフィック」という
雑誌の記者から取材を受けた。シンガポールで出版されている英字誌である。
そのときの記事が掲載されたという連絡が入った。2007年7月号(No.45)
とのこと。以下のサイトに本当に簡単な紹介はあるのだけれど、残念ながら記
事そのものは読むことができない。シンガポールでのインタビューだったので
工房や「伝統の森」の写真がない。記者から写真を送ってくれと言われたのだ
が、デング熱に罹ったりしてバタバタしていたので、ロレックス社への問い合
わせをお願いした。2004年のロレックス賞受賞に合わせて、ロレックス社
が取材した写真は、クレジットさえきちんと表記すれば、他のメディアでも使
用可能だと聞いていたからだ。それゆえ誌面には、すでにご覧になったことの
ある写真が並んでいるはず。でも、インタビューの内容は、2007年6月の
いちばんホットなもの。日本での入手は容易くないようですが、興味のある方
はぜひともご覧ください。

▼「Asian Geographic」のWebサイト(英語版)
http://www.asiangeo.com/agwatch_voiceofasia.html

(3)"FRONTLINE/WORLD"ウェブサイト公開のご案内
アメリカの公共テレビ局PBSの「FRONTLINE/WORLD」というドキュメンタリー番
組で私たちクメール伝統織物研究所が紹介されました。「Cambodia: The Silk
Grandmothers」というタイトルでまとめられています(英語版の番組ですが、
わたしはインタビューに日本語で答えています)。この番組は、ウェブサイト
上でも公開されています(約13分)。以下のURLから、ご覧になれるはず
です(再生には、QuicktimeあるいはRealplayerが必要とのこと)。

▼「Cambodia: The Silk Grandmothers」
http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/cambodia_the_si.html

★★シエムリアップ・IKTTまでの歩き方★★
 オールドマーケット(プサー・チャー)の南側にあるタ・プローム・ホテル
の玄関前に立ち、右斜め前の方向に、道路を挟んで流れるトンレサップ川に沿
って進みます。現在、川岸の遊歩道整備が進んでいますので、足元に注意して
進んでください。道なりに(つまり川に沿って)歩くこと5〜6分で、右手に
「クメール伝統織物研究所」と日本語と英語で書かれた看板が見えてきます。
ここがIKTTです。ショップと作業所があります。(左側にクロコダイルフ
ァームの看板が見えてしまったら行き過ぎてしまいました。お戻りください)

2007年8月29日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLよりお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

掲載誌の紹介

|

研究所にお越しになった方たちから、研究所が紹介されている掲載誌をご紹介いただきましたので、以下にそれらをご案内させていただきます。

マップルマガジン2008「ベトナム・アンコールワット」[A07]
昭文社のマップルマガジン2008「ベトナム・アンコールワット」[A07](本体価格905円)に研究所が紹介されています。

JCBゴールドカード会員誌「ザ・ゴールド」8月号
JCB ゴールドカード会員のための会員誌「ザ・ゴールド」でも、研究所が紹介されています。

ポプラ社「体験取材!世界の国ぐに」
ポプラ社の図書館向けの書籍に「体験取材!世界の国ぐに」というシリーズがあるのですが、そのカンボジア編「体験取材! 世界の国ぐに(18)カンボジア」(文・写真:吉田忠正、監修:ペン・セタリン)で、わたしたちの研究所が取り上げられています。

▼ポプラ社「体験取材! 世界の国ぐに(18)カンボジア」

2007/8/18 _____________________________________________________Vol.080

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。
 夏休みになったからだと思いますが、ここ数日、日本からのお客様が増えて
います。また、シエムリアップのショップでお会いしたお客様からは、先日の
「地球街道」をご覧になったとお声をおかけいただきました。ありがとうござ
います。
 5月に、わずか1日だけのトランクショーのためにドイツのハノーヴァーへ
出かけましたが、そのときにお会いしたドイツのご夫妻が、夏のヴァケイショ
ンを利用して「伝統の森」にまでいらっしゃいました。初めてのアジア、初め
てのカンボジアとのこと。アンコール遺跡巡りを3日した後に「伝統の森」に
一泊。高床式建物の階下での機織り作業をじっくりと観察、さらには炎天下の
桑畑や藍畑、野菜畑をひとめぐりし、森の現場にいたく感激されたご様子。喧
騒のプノンペンには寄らずに帰りたいとこぼされていたのが印象的でした。
 また、日本から「伝統の森」にいらっしゃった方からは「(日本にも)どこ
かの田舎にいけば、ここのような織り機や糸巻きが並べてある資料館もあると
は思うけれど、ここではそれがすべて、きちんと使われているわけですよね」
との感想をいただきました。
 そう、「伝統の森」の現場は、文字どおり「生活の現場」でもあるのです。
そして、この「現場」は日々着実に進化しています。9月には、次の「森への
移住」が行なわれる予定です。これにより、およそ200人以上の人びとが森
で暮らすことになります。研究所の活動も、ようやく次なるステップへと進み
始めます。ご期待ください。

 研究所にお越しになった方たちから、研究所が紹介されている掲載誌をご紹
介いただきましたので、以下にそれらをご案内させていただきます。

(1)マップルマガジン2008「ベトナム・アンコールワット」[A07]
 昭文社のマップルマガジン2008「ベトナム・アンコールワット」[A07](本体
価格905円)に研究所が紹介されています。

(2)JCBゴールドカード会員誌「ザ・ゴールド」8月号
 JCB ゴールドカード会員のための会員誌「ザ・ゴールド」でも、研究所が紹
介されています。

(3)ポプラ社「体験取材! 世界の国ぐに(18)カンボジア」
 ポプラ社の図書館向けの書籍に「体験取材!世界の国ぐに」というシリーズ
があるのですが、そのカンボジア編(文・写真:吉田忠正、監修:ペン・セタ
リン)で、わたしたちの研究所が取り上げられています。

▼ポプラ社「体験取材! 世界の国ぐに(18)カンボジア」
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=70330180

(4)"FRONTLINE/WORLD"ウェブサイト公開のご案内
アメリカの公共テレビ局PBSの「FRONTLINE/WORLD」というドキュメンタリー番
組で私たちクメール伝統織物研究所が紹介されました。「Cambodia: The Silk
Grandmothers」というタイトルでまとめられています(英語版の番組ですが、
わたしはインタビューに日本語で答えています)。この番組は、ウェブサイト
上でも公開されています(約13分)。以下のURLから、ご覧になれるはずで
す(再生には、QuicktimeあるいはRealplayerが必要とのこと)。

▼「Cambodia: The Silk Grandmothers」
http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/cambodia_the_si.html

★★シエムリアップ・IKTTまでの歩き方★★
 オールドマーケット(プサー・チャー)の南側にあるタ・プローム・ホテル
の玄関前に立ち、右斜め前の方向に、道路を挟んで流れるトンレサップ川に沿
って進みます。現在、川岸の遊歩道整備が進んでいますので、足元に注意して
進んでください。道なりに(つまり川に沿って)歩くこと5〜6分で、右手に
「クメール伝統織物研究所」と日本語と英語で書かれた看板が見えてきます。
ここがIKTTです。(左側にクロコダイルファームの看板が見えてしまった
ら行き過ぎてしまいました。お戻りください)

2007年8月18日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLよりお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

自力でIKKにたどり着くために

正直言って、こんな話題を書くことは気が進まない。最近のシエムリアップの笑い話のひとつとでもお考えください。

技術移転、そして

|

gi01.jpg

技術移転、これは人材を育成するということと不可分である。

IKTT は若い研修生を育てることに、その大きな力を注いできた。でも、育てるというと、おこがましく、いっしょに仕事をしてきたといったほうが正確な気がする。ONTHE JOB TRAINING 。それも、そういう技術を持ったおばあたちを師匠にしながら。

おなじ手仕事

|

伝統の森で、遊ぶ子牛たち
*伝統の森で、遊ぶ子牛たち、元気に育っている。

2003 年から始動した、伝統の森プロジェクト。英語名は森の知恵 「Project for Wisdom from the Forest」 略して、PWF と呼んでいる。今年は、その第一期 5 カ年計画の 5 年目、最後の年である。次の第二期 5 カ年計画へ引き継ぐ課題も見えてきたように思う。もちろん、あいかわらず山ほどの仕事を抱えながらの、ネクストである。

ニューズウィーク日本版(8月15/22合併号)で紹介されました

 本日発売の『ニューズウィーク日本版』8月15/22合併号の「海外で暮らす」という特集のなかで、シエムレアプ在住者として、上智大学アジア人材養成研究センターの三輪悟さん、アンコールクッキーの小島幸子さんとともに、わたし森本喜久男が紹介されています。ご覧ください。

『ニューズウィーク日本版』

2007/8/08 _____________________________________________________Vol.079

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。

●「伝統の森」のゲストハウス●
 工芸村の作業も本格化してきた。そして「伝統の森」へ訪ねてこられるかた
も少しづつ増えてきている。
 訪ねてこられて、「次回は森に滞在したい」というかたもでてきていた。滞
在希望はこれまでだと月に1人か2人だった。だが8月はじめから、森で泊ま
りたいという方が、数人と続き、なかにはグループで10人という希望も何組
か予定に入っている。そして、連泊希望の方も多い。森に滞在して、アンコー
ルの遺跡を訪ねるなんていうことも、足を確保すれば将来は可能になる。
 そこで宿泊と食事を有料にさせていただき、伝統の森ゲストハウスのオープ
ンとなった。そんなゲストハウスを担えるスタッフも仕事をしながら育ててい
ければ、あたらしい仕事を作り出すことにもなる。他の家も含めれば20名以
上の滞在や、森の住人の家にホームステイもできてしまう。食事にも、森の畑
でできた無農薬野菜を提供。少しずつ、そのレパートリーが増えてきている。
近いうちにそばの沼で、養魚やアヒルも飼う予定。
 これまでも、すでに事務所兼のリナの家にはいくつかの部屋があり、泊まる
ことはできていた。それとは別に、工芸村の一角に4部屋だけの小さなゲスト
ハウスを建てておいた。それが、本格的に動き始めることに。でも、お湯はあ
りません、電気も夕方から夜の10時まで、そのあとは石油ランプだけ。基本
は冷蔵庫も扇風機もありません、のないないづくし。氷はアイスボックスのな
か。でも、幸いのなことに森は自然の涼しさで、それほど暑さを気にすること
はない。
 そのかわり、月夜がとても明るく感じる、そんな森のひと時を過ごしていた
だける。夜寝ていると頭の上を蛍が通り過ぎていく。聞こえてくるのは虫の声
や鳥たち。降るような星空の中、飛びすぎていくサテライト衛星も、ときには
見えてしまう、そんな時間が持てるところです。
 昼間は「伝統の森」で繰り広げられる開墾や農作業。染めや織り。絵を描い
たり、子どもたちと遊んだり。いろんな作業があります。もちろん、何もしな
い時間を過ごすこともあり。生活のなかで、織物をする人たちの暮らしぶりを
見ていただくだけの、のんびりしたひとときもいいかと。
 これまでも、自然染色体験をかねて、絞り染めの一日講座を開設してきまし
たが、これからは、そのバリエーションも増えていくはず。ときには、藍染め
の準備を手伝っていただくことや、蚕の餌になる桑の葉を採りに村人と畑へ出
かけたり、黄色い繭から手で糸を引く作業を手伝うことも。季節によっては、
朝早くに綿花を収穫して手で糸を紡ぐことも。桑の枝から手漉きの紙を作る作
業に一緒にしていただくことも可能です。でもこれはあんがい力仕事。
 「伝統の森」では、そんな豊かなカンボジアの自然のなかで、伝統の織物が
できていく暮らしを体験していただくことができます。ご連絡ください、みな
さまのご来訪をみんなでお待ちいたしております。


(1)『ニューズウィーク日本版』(8月15/22合併号)のご紹介

本日発売の『ニューズウィーク日本版』8月15/22合併号の「海外で暮ら
す」という特集のなかで、シエムレアプ在住者として、上智大学アジア人材養
成研究センターの三輪悟さん、アンコールクッキーの小島幸子さんとともに、
わたし森本喜久男が紹介されています。ご覧ください。

▼『ニューズウィーク日本版』
http://nwj-web.jp/


(2)『地球街道』放送のご案内
テレビ東京『地球街道』という番組で、クメール伝統織物研究所が紹介されま
した。女優の清水美砂さんが登場する「アンコール編」の「後編」で、わたし
たちの研究所が登場します。この日の放送分は、明日9日(木)夜10時30分〜
10時54分に、BSジャパンで再放送されます。

▼テレビ東京『地球街道』
http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidou/


(3)"FRONTLINE/WORLD"ウェブサイト公開のご案内
アメリカの公共テレビ局PBSの「FRONTLINE/WORLD」というドキュメンタリー番
組で私たちクメール伝統織物研究所が紹介されました。「Cambodia: The Silk
Grandmothers」というタイトルでまとめられています(英語版の番組ですが、
わたしはインタビューに日本語で答えています)。この番組は、ウェブサイト
上でも公開されています(約13分)。以下のURLから、ご覧になれるはずで
す(再生には、QuicktimeあるいはRealplayerが必要とのこと)。

▼「Cambodia: The Silk Grandmothers」
http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/cambodia_the_si.html


2007年8月8日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLよりお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

伝統の森ゲストハウス

工芸村の作業も本格化してきた、そして「伝統の森」へ訪ねてこられるかたも少しずつ増えてきている。

訪ねてこられて、そして次回は森に滞在したいというかたもでてきていた。滞在希望はこれまでだと月に1人か2人だった。だが 8 月はじめから、森で泊まりたいという方が、数人とつづき、なかにはグループで10人というかたもすでに何組か予定に入っている。そして、なかには連泊希望の方も多い。森に滞在して、アンコールの遺跡を訪ねるなんていうことも、足を確保すれば将来は可能になる。

テレビ東京『地球街道』(毎週土曜日、夜 10 時 30 分~ 10 時 54 分放送)という番組で、クメール伝統織物研究所が紹介されます。7 月 28 日(前編)と 8 月 4 日(後編)の 2 回に渡って女優の清水美砂さんの「アンコール編」の放送があり、わたしたちの研究所は 8 月 4 日(土)の後編で登場する予定です。

テレビ東京『地球街道』

7 月 13 日付のドイツのFOCUS ONLINEの、REISEN(旅行)のコーナーで紹介されています。

FOCUS ONLINE

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0