IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

おなじ手仕事

伝統の森で、遊ぶ子牛たち
*伝統の森で、遊ぶ子牛たち、元気に育っている。

2003 年から始動した、伝統の森プロジェクト。英語名は森の知恵 「Project for Wisdom from the Forest」 略して、PWF と呼んでいる。今年は、その第一期 5 カ年計画の 5 年目、最後の年である。次の第二期 5 カ年計画へ引き継ぐ課題も見えてきたように思う。もちろん、あいかわらず山ほどの仕事を抱えながらの、ネクストである。

PWF

この 5 年間、ほんとうに自然を、そしてそこで暮らす人々とともに、四苦八苦しながら。でも少しづつ、その森での事業は確実に進化することができたと思っている。

そのなかで学んだことは多い。野菜作りも、昨年から本格化し一年が過ぎた。一年を経て思うことは、やはり基本は「土」。これは、桑畑、綿花、藍、すべてに共通する。それが、これから、第二期にかけての大きな仕事になる。牛さんの出番である。森の牛も今では、10 頭に。来年には、20 頭にしたいと思っている、そして牛糞による堆肥作り。

そして、野菜を育てることも、やはり土を相手の手仕事。そんなことをあらためて教えられた。IKTT には、お絵かき組という、絵を学ぶグループがある。自然の姿を描くとき、嘘は許されない。そのなかで美意識を磨く、それはそんな簡単なことではない。自然の草花を描写する、その心は土もおなじ。

伝統の森の事業を進めるなかで、手でする仕事の意味、手の感触の大切さ、自然を身体で感じることをあらためて学んだように思う。

基本は、自然といかに向き合うか。そして、付き合うか。野菜作りも、お絵かき組も、そして、布を生み出す染織の世界、それぞれに共通している。


森本喜久男

更新日時 : 2007年8月 9日 22:54

前後の記事:<< 伝統の森のゲストハウス | 伝統の森への移転 >>
関連記事
クメール語版『森の知恵』(2009年11月 4日)
夜に咲く花(2009年3月11日)
森の出勤時間(2009年3月 7日)
自然のコンビニエンスストアー(2008年10月23日)
自然との融合 (2008年10月22日)
太陽が二つ(2008年7月13日)
ねずみ年(2007年12月24日)
あたらしいステージにむけて(2007年10月11日)
伝統織物の復元から、村の再生へ(2007年9月25日)
桑の木とキャッサバ(2007年6月22日)