IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.079

2007/8/08 _____________________________________________________Vol.079

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。

●「伝統の森」のゲストハウス●
 工芸村の作業も本格化してきた。そして「伝統の森」へ訪ねてこられるかた
も少しづつ増えてきている。
 訪ねてこられて、「次回は森に滞在したい」というかたもでてきていた。滞
在希望はこれまでだと月に1人か2人だった。だが8月はじめから、森で泊ま
りたいという方が、数人と続き、なかにはグループで10人という希望も何組
か予定に入っている。そして、連泊希望の方も多い。森に滞在して、アンコー
ルの遺跡を訪ねるなんていうことも、足を確保すれば将来は可能になる。
 そこで宿泊と食事を有料にさせていただき、伝統の森ゲストハウスのオープ
ンとなった。そんなゲストハウスを担えるスタッフも仕事をしながら育ててい
ければ、あたらしい仕事を作り出すことにもなる。他の家も含めれば20名以
上の滞在や、森の住人の家にホームステイもできてしまう。食事にも、森の畑
でできた無農薬野菜を提供。少しずつ、そのレパートリーが増えてきている。
近いうちにそばの沼で、養魚やアヒルも飼う予定。
 これまでも、すでに事務所兼のリナの家にはいくつかの部屋があり、泊まる
ことはできていた。それとは別に、工芸村の一角に4部屋だけの小さなゲスト
ハウスを建てておいた。それが、本格的に動き始めることに。でも、お湯はあ
りません、電気も夕方から夜の10時まで、そのあとは石油ランプだけ。基本
は冷蔵庫も扇風機もありません、のないないづくし。氷はアイスボックスのな
か。でも、幸いのなことに森は自然の涼しさで、それほど暑さを気にすること
はない。
 そのかわり、月夜がとても明るく感じる、そんな森のひと時を過ごしていた
だける。夜寝ていると頭の上を蛍が通り過ぎていく。聞こえてくるのは虫の声
や鳥たち。降るような星空の中、飛びすぎていくサテライト衛星も、ときには
見えてしまう、そんな時間が持てるところです。
 昼間は「伝統の森」で繰り広げられる開墾や農作業。染めや織り。絵を描い
たり、子どもたちと遊んだり。いろんな作業があります。もちろん、何もしな
い時間を過ごすこともあり。生活のなかで、織物をする人たちの暮らしぶりを
見ていただくだけの、のんびりしたひとときもいいかと。
 これまでも、自然染色体験をかねて、絞り染めの一日講座を開設してきまし
たが、これからは、そのバリエーションも増えていくはず。ときには、藍染め
の準備を手伝っていただくことや、蚕の餌になる桑の葉を採りに村人と畑へ出
かけたり、黄色い繭から手で糸を引く作業を手伝うことも。季節によっては、
朝早くに綿花を収穫して手で糸を紡ぐことも。桑の枝から手漉きの紙を作る作
業に一緒にしていただくことも可能です。でもこれはあんがい力仕事。
 「伝統の森」では、そんな豊かなカンボジアの自然のなかで、伝統の織物が
できていく暮らしを体験していただくことができます。ご連絡ください、みな
さまのご来訪をみんなでお待ちいたしております。


(1)『ニューズウィーク日本版』(8月15/22合併号)のご紹介

本日発売の『ニューズウィーク日本版』8月15/22合併号の「海外で暮ら
す」という特集のなかで、シエムレアプ在住者として、上智大学アジア人材養
成研究センターの三輪悟さん、アンコールクッキーの小島幸子さんとともに、
わたし森本喜久男が紹介されています。ご覧ください。

▼『ニューズウィーク日本版』
http://nwj-web.jp/


(2)『地球街道』放送のご案内
テレビ東京『地球街道』という番組で、クメール伝統織物研究所が紹介されま
した。女優の清水美砂さんが登場する「アンコール編」の「後編」で、わたし
たちの研究所が登場します。この日の放送分は、明日9日(木)夜10時30分〜
10時54分に、BSジャパンで再放送されます。

▼テレビ東京『地球街道』
http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidou/


(3)"FRONTLINE/WORLD"ウェブサイト公開のご案内
アメリカの公共テレビ局PBSの「FRONTLINE/WORLD」というドキュメンタリー番
組で私たちクメール伝統織物研究所が紹介されました。「Cambodia: The Silk
Grandmothers」というタイトルでまとめられています(英語版の番組ですが、
わたしはインタビューに日本語で答えています)。この番組は、ウェブサイト
上でも公開されています(約13分)。以下のURLから、ご覧になれるはずで
す(再生には、QuicktimeあるいはRealplayerが必要とのこと)。

▼「Cambodia: The Silk Grandmothers」
http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/cambodia_the_si.html


2007年8月8日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLよりお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

更新日時 : 2007年8月 8日 16:20

前後の記事:<< 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.078 | 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.080 >>
関連記事
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.141(2009年3月11日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.140(2009年2月 6日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.139(2009年1月25日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.138(2009年1月 4日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.137(2008年12月21日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.136(2008年12月15日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.135(2008年12月 9日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.134(2008年11月30日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.133(2008年11月22日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.132(2008年11月13日)