IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.080

2007/8/18 _____________________________________________________Vol.080

INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
________________________________________ http://iktt.esprit-libre.org/

みなさま、クメール伝統織物研究所の森本喜久男です。
 夏休みになったからだと思いますが、ここ数日、日本からのお客様が増えて
います。また、シエムリアップのショップでお会いしたお客様からは、先日の
「地球街道」をご覧になったとお声をおかけいただきました。ありがとうござ
います。
 5月に、わずか1日だけのトランクショーのためにドイツのハノーヴァーへ
出かけましたが、そのときにお会いしたドイツのご夫妻が、夏のヴァケイショ
ンを利用して「伝統の森」にまでいらっしゃいました。初めてのアジア、初め
てのカンボジアとのこと。アンコール遺跡巡りを3日した後に「伝統の森」に
一泊。高床式建物の階下での機織り作業をじっくりと観察、さらには炎天下の
桑畑や藍畑、野菜畑をひとめぐりし、森の現場にいたく感激されたご様子。喧
騒のプノンペンには寄らずに帰りたいとこぼされていたのが印象的でした。
 また、日本から「伝統の森」にいらっしゃった方からは「(日本にも)どこ
かの田舎にいけば、ここのような織り機や糸巻きが並べてある資料館もあると
は思うけれど、ここではそれがすべて、きちんと使われているわけですよね」
との感想をいただきました。
 そう、「伝統の森」の現場は、文字どおり「生活の現場」でもあるのです。
そして、この「現場」は日々着実に進化しています。9月には、次の「森への
移住」が行なわれる予定です。これにより、およそ200人以上の人びとが森
で暮らすことになります。研究所の活動も、ようやく次なるステップへと進み
始めます。ご期待ください。

 研究所にお越しになった方たちから、研究所が紹介されている掲載誌をご紹
介いただきましたので、以下にそれらをご案内させていただきます。

(1)マップルマガジン2008「ベトナム・アンコールワット」[A07]
 昭文社のマップルマガジン2008「ベトナム・アンコールワット」[A07](本体
価格905円)に研究所が紹介されています。

(2)JCBゴールドカード会員誌「ザ・ゴールド」8月号
 JCB ゴールドカード会員のための会員誌「ザ・ゴールド」でも、研究所が紹
介されています。

(3)ポプラ社「体験取材! 世界の国ぐに(18)カンボジア」
 ポプラ社の図書館向けの書籍に「体験取材!世界の国ぐに」というシリーズ
があるのですが、そのカンボジア編(文・写真:吉田忠正、監修:ペン・セタ
リン)で、わたしたちの研究所が取り上げられています。

▼ポプラ社「体験取材! 世界の国ぐに(18)カンボジア」
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=70330180

(4)"FRONTLINE/WORLD"ウェブサイト公開のご案内
アメリカの公共テレビ局PBSの「FRONTLINE/WORLD」というドキュメンタリー番
組で私たちクメール伝統織物研究所が紹介されました。「Cambodia: The Silk
Grandmothers」というタイトルでまとめられています(英語版の番組ですが、
わたしはインタビューに日本語で答えています)。この番組は、ウェブサイト
上でも公開されています(約13分)。以下のURLから、ご覧になれるはずで
す(再生には、QuicktimeあるいはRealplayerが必要とのこと)。

▼「Cambodia: The Silk Grandmothers」
http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/cambodia_the_si.html

★★シエムリアップ・IKTTまでの歩き方★★
 オールドマーケット(プサー・チャー)の南側にあるタ・プローム・ホテル
の玄関前に立ち、右斜め前の方向に、道路を挟んで流れるトンレサップ川に沿
って進みます。現在、川岸の遊歩道整備が進んでいますので、足元に注意して
進んでください。道なりに(つまり川に沿って)歩くこと5〜6分で、右手に
「クメール伝統織物研究所」と日本語と英語で書かれた看板が見えてきます。
ここがIKTTです。(左側にクロコダイルファームの看板が見えてしまった
ら行き過ぎてしまいました。お戻りください)

2007年8月18日
クメール伝統織物研究所 森本喜久男
______________________________________________________________________
※なお、このメールマガジンにメッセージを返信されても、こちらではそのメ
ッセージを読むことができません。お問い合わせは以下のURLよりお願いいたします。
        http://iktt.esprit-libre.org/contact/

【メールマガジンの配信中止、アドレス変更は以下で行ってください】
        http://www.mag2.com/m/0000070073.html

●発行
INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES
No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
(Road to lake, near the crocodile farm)
P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia

※当メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
※このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行されております。【 http://www.mag2.com/ 】
mag2 ID: 0000070073
Copyright (c) 2007 IKTT All rights reserved.

◎メコンにまかせ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000070073/

更新日時 : 2007年8月19日 00:25

前後の記事:<< 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.079 | 【メコンにまかせ】クメール伝統織物研究所 Vol.081 >>
関連記事
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.141(2009年3月11日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.140(2009年2月 6日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.139(2009年1月25日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.138(2009年1月 4日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.137(2008年12月21日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.136(2008年12月15日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.135(2008年12月 9日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.134(2008年11月30日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.133(2008年11月22日)
【メコンにまかせ】IKTT [クメール伝統織物研究所]Vol.132(2008年11月13日)