IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

ハワイから戻ってきました

戻ってきました、ハワイから。

ワイキキの夕日を、ナショナルジオグラフイックのカメラマン氏のマンションから見てしまいました。

ハワイ在住のカンボジアの人たちと、たくさん出会いました。

クメール語がしゃべれない、クメール人、の人たちとも。ホノルルのイーストウエストセンター、これおどろきました。

ひじょうに広範な活動をしている、こんな、センター、日本にあるのかな。その活動を支えている、地元の中国系や日系の人たちとも話す機会がありました。
アメリカの大学をたずねて、いつも思うのは、ほんとうに広いキャンパスかな。

そして、多国籍、そんな印象です。一緒に行った、織手のスレンさん、カルチャーショックよりも、好奇心の方が優先していました。

とりいそぎ、簡単に報告。

更新日時 : 2007年10月 7日 16:19

前後の記事:<< 自力でIKTTにたどり着くために。 | あたらしいステージにむけて >>
関連記事
カンボジアシルクの未来のために(2010年5月14日)
モリモトノート(2009年12月19日)
テキスタイル・ラバー(2009年11月 6日)
カナディアン・イングリッシュ(2009年10月26日)
バンクーバーからの短信(2009年10月21日)
バンクーバーへ(2009年10月16日)
座り読み(2009年6月 8日)
町屋(2009年6月 6日)
雑誌「フォートラベル」で伝統の森が紹介されています(2009年1月30日)
「森」での流行(2008年12月16日)