IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

パリでの展示会

昨年の5月についで、再びパリに。

今回は、アジア ボヤージという旅行会社の協力で実現しました。素敵な案内状や、ポスターができておりました。これから8週間、ikttの布がパリで紹介されます。

寒いのですが、よく考えたら、わたしは京都で育った。京都の冬は寒い、でもそれに鍛えられていますから、霙が降ろうと、大丈夫なのです。しかし天気は晴れ、快晴です。わたしは、いまは「晴れ男」だと自分で言っております。

このパリでの展示会に、英語版のわたしの「バイヨンの月」を簡単なブックレットで出しました。90年からの知人の、スミソニアンのルイスさんが英語訳を引き受けてくれ、実現しました。驚いたのは、わたしのもとの日本語版に限りなく近い、英語訳なのです。英語版で読みたい方、どなたかお知り合いに、というかたはikttJAPANにに、お問い合わせください。読まれた、フランスのテキスタイル関係の方から、フランス語版を出したいといっていただいております。

これは、森本喜久男のシンプルな経験とフイロソフィーの本です。

更新日時 : 2008年2月 4日 17:25

前後の記事:<< 東京での講演会ならびに展示・販売受付 | パリにて >>
関連記事
モリモトノート(2009年12月19日)
パリにて(2008年2月 6日)
バンクーバーからの短信(2009年10月21日)
フランス・ツールーズでの展示会が始まりました(2008年9月18日)
リヨンでのエキシビションが始まりました(2008年5月30日)
意匠(2008年5月24日)
パリでのエキシビションのご案内(2008年2月18日)
京都へ(2007年10月26日)
太平洋を越えてしまった森本より(4)(2002年10月 7日)
太平洋を越えてしまった森本より(3)(2002年10月 7日)