IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

「Bayon Moon」発行のお知らせ

Bayon Moon わたしの英語版での著書「Bayon Moon - Reviving Cambodia's Textile Traditions」ができました(A5判のペーパーバック、160ページ)。

 本書は、2002年夏の時点、つまりIKTTをプノンペン近郊からシエムリアップに移転して2年が経ち、わずか5人で始めた工房が研修生の受け入れにより大きくなりつつある頃にまとめたものです。それを、古くからの友人である、ワシントン在住のLouise Cortさんが英訳してくれました。

 その頃、「日本人のモリモトのところへいけば仕事がもらえる」とばかりに、働かせてくれという女性たちが毎日のように研究所を訪れていました。「ウチは福祉事務所じゃないぞ!」と愚痴をこぼしつつも、そんな彼女たちを少しずつ受入れていった結果が、現在のような400人近い数の研修生を抱えるIKTTへと発展したのです。

 と同時に、カンボジアの伝統の絹織物を復元するためには、絣布のデザインや染織の技術だけでなく、織り手たちの生活や、染め材や生糸などの素材そのものを復元する必要があることにも気付いていました。そうしたことと、カンボジア・ユネスコの調査で各地の村々をまわったときの印象、そして、東北タイの村を訪れていたころの体験がオーバーラップし、ついには「伝統の森」再生計画のアイデアとして結実します。そうした経緯も、本書には記されています。

 パリの展示会で、この本を読み通したフランスのジャーナリストに「ここにはモリモトのフィロソフィーがつまっている」と絶賛されました。

書 名:Bayon Moon -- Reviving Cambodia's Textile Traditions
著 者:Morimoto Kikuo
発行元:IKTT

※本書「Bayon Moon」は、シエムリアップのIKTTのショップで10ドルで販売しています。

更新日時 : 2008年5月14日 06:39

前後の記事:<< カンボジア正月のお知らせ | 『カンボジア絹絣の世界』発売中 >>
関連記事
クメール語版『森の知恵』(2009年11月 4日)
続・クメール語の小冊子(2009年7月21日)
雑誌「フォートラベル」で伝統の森が紹介されています(2009年1月30日)
Gillian Green著「PICTORIAL CAMBODIAN TEXTILES」出版のご案内(2009年1月30日)
一期一会(2008年12月23日)
『カンボジア絹絣の世界』発売中(2008年5月19日)
茶房・高円寺書林 『カンボジア絹絣の世界』出版記念サイン会のお知らせ(2008年2月14日)
『カンボジア絹絣の世界』(仮題)について(2007年12月12日)
「水うちわをめぐる旅~長良川でつながる地域デザイン~」のご紹介(2007年5月30日)
コンポンソム(2007年4月17日)