IKTT
IKTT :(クメール伝統織物研究所)森本喜久男

お盆の里帰り

カンボジアはお盆。

昨日から、31日まで。実際には二週間ほど前から始まっている。お寺に行く人も多くなる。IKTTでも、タケオやカンポットからの遠距離組は、みんなよりも早く村に向かった。

ガソリン代の値上げで、バス代が軒並み値上がり、みんなのグチの声が聞こえてくる。それでも、お盆の時期に田舎で家族が顔をあわせる楽しさに、はやる気持ちがそれぞれの顔に表れている。

半分は「伝統の森」の村に残った。そして、昨日あたりからお盆のチマキ(オンソームという)を作り始めている。今朝も、そんな何家族からチマキが届いた。バナナの葉にくるまれたそれは日本のチマキとそっくり。でも、しっかりとココナツミルクの甘みがある。

以前、おいしくて、また食べたいからもう一度作ってほしいといったら、来年の盆まで待てといわれた。そんな、カンボジアの人たちの生活につながった風習としての食べ物。

このお盆のあいだ、亡くなった人や家族が天から降りてくると信じられている。そして、お盆のあいだ、家族と再会、また天に戻っていく。そのために、飾りがついた小さな灯篭が、お盆の最後の日に川にながされる。

更新日時 : 2008年9月28日 08:03

前後の記事:<< 祭りの準備 | 雨にもめげず >>
関連記事
カナディアン・イングリッシュ(2009年10月26日)
リラックス(2009年4月29日)
桑の木とキャッサバ(2007年6月22日)
土いじり(2007年4月21日)
例年ならば(2010年4月30日)
さそり座だけれども(2010年4月17日)
新しい年を迎えたカンボジアから(2010年4月14日)
森羅万象、そして日々の暮らし(2010年4月 2日)
「伝統の森」はもう夏(2010年3月24日)
朝の珈琲(2010年2月16日)